買って正解!満足できるコーヒーメーカーの選び方と失敗しないポイントとは!?

PR

こんにちは。
4月に入り新たな土地や場所での新居で新生活をはじめると『豆から挽いた、カフェの美味しいコーヒーが飲みたい!』という方も多いのではないでしょうか?

クイジナート コーヒーメーカー コーヒー豆 coffee_maker_cuisinart_IMG_7486

・・・実はhitoiki(ひといき)もそのひとり(笑)

 

しかも、かなり面倒くさがりなので、ミルを自らの手で使って豆から挽くのではなく、コンビニのセブンイレブンのように、豆と水をセットしてボタンを押すだけで、簡単に美味しいコーヒーが入れられる、コーヒーメーカーをずっと探していました!!

もちろんオシャレなやつを♪

本日のhitoiki(ひといき)な話題は、ついに見つけて手に入れたオシャレなミル付き全自動コーヒーメーカーをご紹介!!

 

 

 

01:コーヒーメーカーを選ぶ基準やポイントについて

コーヒーメーカーって一言でいっても、ものすごい数があるんですよね。

ビックカメラなどの家電量販店など行くと、大量のコーヒーメーカーたちで訳分からなくなるひと続出だと思います。

正直自分もそうでした。

ただ、いろいろ調べていくとコーヒーメーカーっていろいろ特長差があることに気づきました。
例えば、「ドリップコーヒーのみ」だけだったり「エスプレッソマシーン付き」だったりととか、「ミル付き」で豆から挽いて抽出したり「粉のみ」だったりといろいろあります。

皆さんの求める「美味しいコーヒーづくり」は、極端な話、全て手作業で行なって実現可能です。ただ、そこに「手軽に楽しみたい」という想いがあってコーヒーメーカーを探されていると思うので、「どこまで自分で行ないたいか」「どこから機械に任せたいか」というのを明確にしておく必要があります!それに沿ってマシーンを選べばOKです。

hitoiki(ひといき)みたいに、「全く分かりません」って人は、私のように「豆と水入れて、ボタン押して完成」という完全自動化されたコーヒーメーカーをとりあえず選んでおくとよいでしょう♪

そこで、今回hitoiki(ひといき)が重視した選定基準はこちら!
同じように初めてのコーヒーメーカーを購入する人にも参考になれば!!

 

コーヒーメーカーで重視したポイント

◎ミル付きで豆から挽けるか?
=「豆からコーヒーを飲む」ということが、私の絶対条件だったのでこれがマストでした。機種が絞られてしまうので、ミルだけ別売りのものを使うことも可能ですよ。

◎一度に大量に作れるか?
=大量に作って、冷蔵庫に入れてアイスコーヒーを常備するので、大量に作れるマシーンが必須でした。

◎オシャレか?
=この辺りはデザインの好みに分かれてしまうのですが、プラスチック感ではなく金属感あふれるマシンを探していました。

◎メンテナンスが楽か?
=パーツを取り外して、ジャブジャブ水洗いできるようなコーヒーメーカーが大事。

 

簡単にまとめるだけでもこんだけあります(笑)

もちろん、予算とのバランスにもなりますし、重要度の比重によっても変わりますのでこの辺りは参考程度に。しかし、私はこの基準で選んで大満足しています!!

 

02:hitoiki(ひといき)オススメのコーヒーメーカー

そこでhitoiki(ひといき)が初めて購入される方にオススメするコーヒーメーカーはこちら!

Cuisinart(クイジナート)のコーヒーメーカー『DGB-900PCJ2』!!

▶その他のCuisinart(クイジナート)製品をAmazon(アマゾン)でチェックする⇒

▶その他のCuisinart(クイジナート)製品を楽天市場でチェックする⇒
『クイジナート』は、アメリカのメーカーの人気ブランドで、特にフードプロセッサーの代名詞ともなっており、アメリカでは知らない人はいないと言えるほどの絶大な知名度を誇っています。

アメリカ家庭のおよそ50%はクイジナート製のフードプロセッサーが使用されているほど大人気となっています。

日本でもそのデザイン性の高さから、注目を浴びています。

 

03:開封して写真を撮影してみた

様々な角度やポイントを写真で掲載します。
ネットで買う場合の参考にどうぞ!!

クイジナート コーヒーメーカー coffee_maker_cuisinart_IMG_7487

クイジナート コーヒーメーカー coffee_maker_cuisinart_IMG_7460

クイジナート コーヒーメーカー coffee_maker_cuisinart_IMG_7488

クイジナート コーヒーメーカー coffee_maker_cuisinart_IMG_7463

クイジナート コーヒーメーカー coffee_maker_cuisinart_IMG_7465

ワインボトルと比較してもこんなに大きい。。。

 

サイズ・仕様

幅約21cm×奥行約33cm×高さ約42cm(保温ポット装着時最大寸法)

容量

コーヒー12杯分

サーバータイプ

ステンレス容器

フィルタータイプ

・ゴールドフィルター
・紙フィルター

コーヒー

◎:ドリップコーヒー
×:エスプレッソ
×:カプチーノ

ミルの有無

ミル有り

 

04:実際に使ってみての感想やレビュー評価

実際に使ってみて感じたのはこのコーヒーメーカーを選んで本当によかったと思いました。

理由として、面倒くさがりな私でも、気に入ったコーヒー豆を買ってきて、豆を付属の密閉ストッカーに突っ込むだけでセットは
完了し、あとは水を入れるだけで挽きたての美味しいコーヒーがいただけます。

ホントにちょー簡単です!!!

1杯づつ丁寧に作る人には向いてないかもしれませんが、私みたいに大量に作り置きしている人だと、この商品がとても向いています。

それ以外の詳しいレビュー評価はこちら

使ってみての感想(商品の評価レビュー)

【デザイン】★★★★★(★:5)
デザインなので好みはあるでしょうが、私自身は文句なしにカッコいいと思います! 国内メーカーの製品と違って、プラスチック感が無く、全体的に金属感がでて渋いです。

クイジナートに限らず、デロンギなどもカッコいいと思います。

【使いやすさ】★★★★☆(★:4)
コーヒー豆と水をタンクに入れるだけなので、とても使いやすいのですが、人によって1杯づつ気分によって豆を替えながら飲みたい人には不向きかも。

【機能性】★★★★☆(★:4)
シンプルにミル機能からのドリップコーヒーと、タイマー機能、味の濃さが3段階で選べる程度です。シンプルですがこれで必要十分だと思います。
エスプレッソやカプチーノなどを飲みたい人は、デロンギの方がいいかも!!

【保温性】★★★★☆(★:4)
真空二層式のステンレスポットで保温されているので、保温性は高いと思います。ただ、完成してくるコーヒーも、ややぬるめなので、「熱々のコーヒー」が好みの方は、若干物足りないかもしれません。私は猫舌なので調度いいです(笑)

【手入れのしやすさ】★★★★☆(★:4)
定期的に豆ストッカーを外して、豆の通り道についた粉を落としてあげる必要があります。他社の製品だとこの辺りもメンテナンスフリーのものがありそうですね!

【サイズ】★★★★☆(★:4)
ワインボトルとも比べても分かる通り、想像以上に大きかったです(笑)
さすが、アメリカンサイズといったところでしょうか!

 

05:お得に購入

最近知ったのですが、そろそろ廃盤になるらしく、在庫限りのお店が多いです。お得に購入する方法としては、Amazon(アマゾン)などのネットで購入する方がお得だと思います。
※都心部だと配送の手間もあるので。

Amazon(アマゾン)の最新価格を掲載しておきますので、このページをブックーマークやFacebook、LINEなどに登録して定期的に最安値を確認してみて下さいね!!

 
▶その他のレビュー高評価コーヒーメーカーもAmazonでチェックする⇒

 

06:まとめ(総評)

いかがでしたでしょうか? 数多くある中で迷いがちなコーヒーメーカーの選び方の基準や参考になればと思います!より深く使用していって経年変化等のレビューも追ってご紹介していきたいと思います!
今後ともお楽しみに♪

 

Facebookで最新情報&雑学も配信!

オシャレ雑貨や人気家電のレビューなどの新着ニュースや、それ以外の様々な情報&雑学を随時Facebookでも配信しています!
ぜひページに「いいね!」を押して、どんどんモチベーションをあげて生活を楽しんでいきましょう♪

▶hitoiki(ひといき)の公式Facebookページはこちら⇒
https://www.facebook.com/hitoiki.xyz

 
hitoiki(ひといき)の公式facebookページはこちら

 

気に入って頂けたらSNSでシェア!


PR

LINEで、笑える記事や人気の雑学情報、話題のお得情報配信中!

友だち追加数

浅田真央さんのTVCMで話題のキララ(Kirala)の公式サイトはこちら

▶︎浅田真央さんのTVCMで話題のキララ(Kirala)の公式サイトはこちら→

PR