スポンサーリンク

停電対策に!家庭用の蓄電池で災害対策。メリットやデメリット。評価・評判・レビュー・クチコミ・注意点をまとめた!

スポンサーリンク


停電対策に!家庭用の蓄電池で災害対策。メリットやデメリット。評価・評判・レビュー・クチコミ・注意点をまとめた!

こんにちは。今回のhitoiki(ひといき)な話題は、最近の大型台風被害や巨大地震、豪雨などで必ず発生する停電対策に、家庭用の蓄電池で災害対策。メリットやデメリット。評価・評判・レビュー・クチコミ・注意点をまとめたのでご紹介します。

停電対策に!家庭用の蓄電池で災害対策。メリットやデメリット。評価・評判・レビュー・クチコミ・注意点をまとめた! storage_battery_00

Amazon(アマゾン)で人気の蓄電池をみる→

楽天市場で人気の蓄電池をみる→

また、特に近年はガスであっても電気を使って機械を動かすものもあるため、機種によっては給湯器やガスコンロが使えなくなる可能性がありますので、「我が家はオール電化じゃないから関係ない」と思わないように、しっかりと対策をしましょう!!

 

 

スポンサーリンク

家庭用の蓄電池とは?

まずは、家庭用の蓄電池とは何か?というのをご紹介します。

家庭用の蓄電池とは

家庭用の蓄電池とは、ソーラーパネルでの太陽光発電や安い深夜電力などを使って、家庭内で使用する電気を蓄えて、必要な時に必要な分だけ使うことができる電池(バッテリー)のことです。

よく携帯などを充電するモバイルバッテリーを持っている方も多いと思いますが、蓄電池は、その住宅内の電気をまかなう大型のバッテリーと思っていただいてよいです。

また、やプラグインハイブリッドカー、電気自動車もある意味「走る蓄電池」ですね。

ポータブル(可動式)と定置型について

家庭用蓄電池には、住宅の敷地内に設置して、家庭の電力に放電できる容量の大きい「定置型」と、コンセントで充放電し、アウトドアやレジャー、防災時に持ち運びできる容量の小さい「ポータブルタイプ(可動式)」があります。
現在普及している、家庭用蓄電池は、家庭内のエネルギーコントロールすなわち「電気を作り、貯めて、使う」の仕組みの一部を担うことができる定置型が主流です。

例えば、ポータブルタイプの蓄電池(モバイルバッテリー)だと、Amazonでは下記の商品が大人気ですね!

Amazonで大人気の蓄電池(アウトドア・防災・キャンプ用)

電池の種類

電池の種類としては、主に以下がありますが、その中でも現在は「リチウムイオン蓄電池」が大半を占めています。

  • リチウムイオン蓄電池
  • 鉛蓄電池()
  • ニッケル・水素電池

家庭用の蓄電池の容量

家庭用の蓄電池の容量としては、メーカーによって様々ですが、大手のパナソニックだと1kWh〜約12kWhまで用意されています。

もちろん、容量の数字が大きいほど、長時間の停電でも蓄電池で生活をすることができます。
一般的には、5kWh〜12kWhを選ぶ方が多いですね。

 

スポンサーリンク

ソーラーパネルでの太陽光発電と家庭用の蓄電池の違いは?

次に、ソーラーパネルでの太陽光発電と家庭用の蓄電池の違いははこちら。

ソーラーパネルでの太陽光発電と蓄電池の違いとは?

一言でいうと、「ソーラーパネルでの太陽光発電」は発電するもので、「家庭用の」は蓄電する(充電し蓄える)ものです。

なので、新築住宅を購入したり建てたりする方で、「我が家は太陽光発電があるから、停電でも大丈夫!」というのは、間違いです。
なぜなら、太陽光発電単体では充電できないし、災害での停電の時って、雨が降ったり夜中だったり、悪天候が多く、そもそも充電できません

ですから、「太陽光発電だけあれば、災害時でも発電して住宅内の家電や電化製品が使える」というのは、現実問題に考えて正直厳しいと思います。

なので、災害にも強い家を考えるのであれば、太陽光発電(ソーラーパネル)と蓄電池(バッテリー)をセットで考えましょう。

 

スポンサーリンク

家庭用の蓄電池のメリットや特徴とは?

次に、家庭用の蓄電池のメリットや特徴をまとめてみました!

家庭用の蓄電池のメリットや特徴

  • 太陽光発電と組み合わせて、日々の売電量をアップ!さらに、電力会社からの購入電力をダウンできる!
  • 災害時、停電時も利用できるから安心!
  • 太陽光発電のパワコン買い替えとともに蓄電池導入が増加中!

といったこと。

 

スポンサーリンク

家庭用の蓄電池のデメリットや注意点とは?

次に、家庭用の蓄電池のデメリットや注意点をまとめてみました!

家庭用の蓄電池のデメリットや注意点

  • 導入費用が高い!(補助金もあるが)
  • 容量によって貯められる、使える電気量が違う!容量が大きいものほど高い!
  • バッテリーにも寿命があり、10年を目安に交換が必要!
  • 蓄電池を置く場所を必要!(高温や低温になりすぎず、結露しない場所)
  • 太陽光発電とは違い、蓄電池では儲からない!
  • ダブル発電扱いになると売電価格が下がる!

といったこと。

ここで抑えておきたいのが、蓄電池を導入して、日々の電気代を安くして、元を取ろうと思わないこと。まだまだ家庭用蓄電池の導入コストも高いので、電気代の値下げ分だけではまかなえないでしょう。

それよりも災害時などの停電時に、電気が使える安心感を手に入れるということに軸を置いたほうがよいです。

 

スポンサーリンク

世間の評価や評判、レビュー、クチコミ(口コミ)は?

世間の家庭用蓄電池に関する評価や評判、レビュー、クチコミ(口コミ)をまとめてみました。

などといったところ。やはり、昨今の大型台風や大雨、大雪、大地震などの大規模な自然災害で、電気などのライフラインが寸断され、電気が停電すると、蓄電池のありがたみを痛感するようです。

改めて、電気の自給自足化が推進されそうですね。

 

スポンサーリンク

総評とまとめ

いかがでしたでしょうか? 正直、蓄電池の導入コストを日々の電気代の値引きだけで相殺するのは、現時点では厳しいですが、昨今、頻繁に日本各地で発生している大規模な、地震や台風、大雨などの自然災害で、電気が停電すると、何もできなくなる家庭や住宅が多い日本。ぜひ、そういった停電や災害への備えとして、家庭用の蓄電池の導入も検討してみてはいかがでしょうか??

家庭用の蓄電池までいかなくても、ポータブルな蓄電池(バッテリー)が1つあるだけでも、スマホやタブレット、簡易的な家電が使用できるので、安心ですよ!!!

キャンプやアウトドア、災害の避難所などでもしようできますし。

Amazonで大人気の蓄電池(アウトドア・防災・キャンプ用)

 

スポンサーリンク

Facebookで最新情報&雑学も配信!

生活に役立つ豆知識や裏技、アイデア商品などを中心に記事を書いています。また、それ以外の厳選した様々な情報&雑学を随時Facebookで配信しています!(こっちの方がリアルタイムかも!)
ぜひページに「いいね!」を押して、どんどんモチベーションをあげて生活を楽しんでいきましょう♪

hitoiki(ひといき)の公式Facebookページはこちら⇒
https://www.facebook.com/hitoiki.xyz

 
hitoiki(ひといき)の公式facebookページはこちら

SNSでシェアしよう!


おすすめ記事とスポンサーリンク

LINEで、笑える記事や人気の雑学情報、話題のお得情報配信中!

友だち追加数
 

hitoiki(ひといき)の写真がビットコインで応援することが可能に!

Zaifの無料登録はこちら

イケダハヤトさんが初心者にオススメの Zaif の無料登録はこちら→

GMOコイン

イケダハヤトさんがオススメの GMOコイン とは?

初心者でも分かる!稼げる!仮想通貨の入門書を読本!

浅田真央さんのTVCMで話題のキララ(Kirala)の公式サイトはこちら

Kirala

▶︎浅田真央さんのTVCMで話題のキララ(Kirala)の公式サイトはこちら→

無料で動画見放題!安心のフジテレビオンデマンド!

お年玉企画告知バナー(0101~0103)

無料で動画見放題!フジテレビオンデマンド!詳しくはこちら→

スポンサーリンク