スポンサーリンク

初秋(9月)の定番!東海地方で彼岸花・曼珠沙華のオススメ人気撮影スポットはここ!

スポンサーリンク


こんにちは。
今回のhitoiki(ひといき)な話題は、
初秋(9月)の写真撮影の定番「彼岸花(Lycoris radiata)」の東海地方(名古屋市近郊)でオススメ&人気な撮影スポットを体験記を混ぜながらご紹介!!

矢勝川(やかちがわ)の彼岸花(ひがんばな)










正直、撮影は9月には行なっていたのですが、最近バタバタしててブログの更新が遅れてしまいました。。。
来年の備忘録へぜひどうぞ!!



 

01:彼岸花(ひがんばな)とは?

ちなみに、皆さんは「彼岸花(ひがんばな)」ってご存知でしょうか??

「彼岸花」は、学名「Lycoris radiata」と読まれ、
季節としてだいたい「9月中旬〜9下旬」の初秋にかけて道端や堤防、公園などに群生し、真っ赤(たまに白色)の花を咲かせるとてもキレイな花です!!!

群生した姿は本当に「深紅のカーペット」のようでとても印象深く幻想的です。

また、「彼岸花(ひがんばな)」は、別名「曼珠沙華(マンジュシャゲ)」とも呼ばれるので有名ですよね♪

「彼岸花」を撮影しに行くと気づくかもしれませんが、
彼岸花が咲く場所って、道端や堤防でも特徴があることを知っていましたか??

その特徴とは、
「稲作やお地蔵様、墓地を囲うように咲いている」ということ。

なぜそのような群生の仕方をしているかというと
彼岸花には『毒』があり、ネズミ、モグラ、虫など田を荒らす動物たちが
彼岸花の毒を嫌って避ける(忌避)ので、作物や墓地等を守っているようです。

昔の方の知恵って改めて凄いですよね〜。
よくそんな事に気づくものです。

※ちなみに彼岸花の毒は人間にも有害で、間違って接種すると中枢神経の麻痺を起こして死に至ることもあるようなので、注意して下さいね!!





 

スポンサーリンク

02:東海地方(名古屋市近郊)でオススメの撮影スポット

彼岸花の撮影スポットは全国的に有名な場所が数多くありますが、
今回は特に「東海地方(名古屋市近郊)」に絞ってご紹介したいと思います。

それ以外の地方でお近くのスポットはヒガンバナの名所・花の名所案内」より探されるといいかも!!

正直、私も最初はこれを参考にしました(笑)

そんな私が今回オススメする「東海地方(名古屋市近郊)で人気の彼岸花撮影スポット」は、
「矢勝川(やかちがわ):愛知県半田市」です!!

▶矢勝川(やかちがわ)の場所はこちら⇒
https://goo.gl/maps/ANhRq

半田市も観光事業として注力を注いでいるので、
開花状況など最新情報はこちらからGetするのもオススメ!
▶半田市観光協会はこちら⇒
http://www.handa-kankou.com/sitesee/read.php?wt=km&dcat=8&pcat=11

 

スポンサーリンク

03:オススメする理由

オススメする理由として簡単にまとめると下記があります!!

◎200万本の彼岸花
◎堤防を中心に東西2kmにわたる群生
◎名古屋から近い(車で下道でも1時間程度)
◎無料の大駐車場も完備
◎ナノハナ、ポピー、マツバボタン、コスモスなども咲く
◎9月下旬〜10月初旬が見頃
◎カメラ女子も多数(笑)

といったところ。

その中で、花の本数等はもっと多いところもあるでしょうが、
特にカメラ愛好者としてピックアップしたいのが「堤防を中心に東西2kmにわたる群生」「9月下旬〜10月初旬が見頃」ということですね!!

それはなぜかというと、
まず「堤防を中心に東西2kmにわたる群生」について。

特に「堤防の形」というのがポイントで、
彼岸花の群生エリアの堤防をみてみると
「適度にカーブ」しているというのがわかると思います。

※矢勝川の彼岸花群生地図より http://www.hanazakura.jp/higannbana/yakati.html

 

これはつまり、時間帯に応じて光の角度を変えながら撮影しやすいので、
多種多様な彼岸花を撮影できるということ!
また、カーブしている堤防の方が、写真の構図内で「群生している」という表情が撮りやすいということ!!

 

次に「9月下旬〜10月初旬が見頃」について。
これの意図として、この地方としては「少し遅れて見頃になる」ということ。

これはつまり、「撮りたい写真の構図やイメージを膨らませる余裕が生まれる」ということに繋がるので、「本当に撮りたい写真」を整理することができます!

もちろん、早く現場に行ってその時のインスピレーションで写真撮影するのもカメラの醍醐味なので、このあたりは人によってそれぞれでもいいかも!

けど、デザインと同じで一度ひいて俯瞰的に考えてみると写真の出来映えがアップしますよ★

※http://photohito.com/photo/3785084/ より

こんな感じで!!

 

スポンサーリンク

04:実際に写真撮影してみた

実際に撮影した写真はこんな感じ!!!

撮ってそのままの写真ですが
最近はあまりRAW現像しなくなりました(笑)

RAW現像でもう少し写真的には作り込めるかと思います。

矢勝川(やかちがわ)の彼岸花(ひがんばな)

矢勝川(やかちがわ)の彼岸花(ひがんばな)

矢勝川(やかちがわ)の彼岸花(ひがんばな)

矢勝川(やかちがわ)の彼岸花(ひがんばな)

矢勝川(やかちがわ)の彼岸花(ひがんばな)

矢勝川(やかちがわ)の彼岸花(ひがんばな)

矢勝川(やかちがわ)の彼岸花(ひがんばな)

彼岸花って、赤色と雌しべ(雄しべ?)が特徴的ですが、風等の影響でオートフォーカスでピントを合わせると難しいので、「マニュアルフォーカス」でピントをあわせてみるとやりやすいです!!

ポイントとしては
「構図を決めて、ピントの山を前後に調整」っていった感じです!!
マニュアルフォーカスの面白さを実感できますよ!!

矢勝川(やかちがわ)の稲穂

一緒に稲穂なんか撮影しても楽しいですよね!!

 
彼岸花の美しい写真&カメラやレンズ等の撮影機材もご紹介!!

『曼珠沙華 #2』
※http://photohito.com/photo/3766727/ より

撮影された機材はこちら





 

スポンサーリンク

05:まとめ

今回初めて「彼岸花(ひがんばな)」を撮影してみましたが
今回使った機材のなどで近寄って花が撮れると、とても楽しいです♪

しかも、みる角度や光の角度で表情が大きく変化するのも
楽しいポイントかもしれませんね!!

ぜひ、彼岸花(ひがんばな)撮影等、秋の季節を楽しんでみて下さい☆







 

スポンサーリンク

05:関連記事

それ以外の、名古屋市近郊の撮影スポット記事はこちら!!

▶東海地方のレトロな写真撮影スポット!明治村に潜入レビュー体験記
//hitoiki.xyz/blog/2014/10/meijimura/
レトロ写真撮影で人気スポット。博物館明治村

▶地方都市の活性化イベント!【元気ハツラツ市(大垣市)】に参加!一体感のある市場が魅力的・撮影スポットにも!
//hitoiki.xyz/blog/2014/09/ogaki/
水まんじゅう
▶下呂温泉への撮影旅行記!日本三名泉で有名な温泉街をぶらり旅!人気スポット&撮影ポイントなどもご紹介!
//hitoiki.xyz/blog/2014/09/gero/
下呂温泉街の風景
◎NAVERまとめでも紹介されました!!
▶カメラ好き必見!初秋(9月)の写真撮影スポット!彼岸花・曼珠沙華の有名&オススメ人気ポイントまとめ!
//hitoiki.xyz/blog/2014/09/gero/

 

スポンサーリンク

SNSでシェアしよう!!


おすすめ記事とスポンサーリンク

LINEで、笑える記事や人気の雑学情報、話題のお得情報配信中!

友だち追加数
 

hitoiki(ひといき)の写真がビットコインで応援することが可能に!

Zaifの無料登録はこちら

イケダハヤトさんが初心者にオススメの Zaif の無料登録はこちら→

GMOコイン

イケダハヤトさんがオススメの GMOコイン とは?

初心者でも分かる!稼げる!仮想通貨の入門書を読本!

浅田真央さんのTVCMで話題のキララ(Kirala)の公式サイトはこちら

Kirala

▶︎浅田真央さんのTVCMで話題のキララ(Kirala)の公式サイトはこちら→

無料で動画見放題!安心のフジテレビオンデマンド!

お年玉企画告知バナー(0101~0103)

無料で動画見放題!フジテレビオンデマンド!詳しくはこちら→

スポンサーリンク