MacBookPro13インチと15インチ(2017年モデル/2011年モデル)を比較してわかったこと!

PR

MacBookPro13インチとマックブックプロ15インチ(2017年モデル/2011年モデル)を比較してわかったこと!

こんにちは。今回hitoiki(ひといき)がお届けする話題の情報は、先日「WWDC 2017」で発表された新型のMacBookPro(2017年モデル・13インチ)とマックブックプロ(2011年モデル・15インチ) を数日使い比べて見て感じたことや、比較してわかったことなどをご紹介!

hitoiki(ひといき)の使用していたMacBookPro 15インチ(2011年)モデルは、ディスプレイの解像度やCPU、メモリ増設など、カスタマイズしていたモデルになります。

約6年経って、果たしてどれぐらい体感的に進化しているのか。
CPUをコアi7からi5に落として大丈夫なのか。
実体験をもとにご紹介!

ちなみに2016年モデルもまだAmazon(アマゾン)楽天市場などでは家電量販店を中心に販売されてそうですので、「2016年モデルがいい!」という方はお早めに!!

Apple MacBook Pro 256GB SSD 13インチ Retina Displayモデル Core i5 2.0GHz アップル MLL42J/A スペースグレイ MLL42JA

MacBookPro13インチ 256GBのSSDの速度テストもしてみました。

MacBookProのSSDの速度テストの記事はこちらです。

 

 

MacBookProとは(マックブックプロとは)

レビューに行く前に、Mac(マック)についてご存知ない人のために、「MacBookProとは(マックブックプロとは)何か」というのを簡単にご紹介します。

MacBookProとは、iPhoneやiPadなどでも有名なアメリカのApple社が開発・販売するノートブック型のパソコン(PC)になります。エントリー向けのMacBook(マックブック)とは対照的に、MacBookProはその名前の通り、プロフェッショナル用途でも使えるように開発されたハイエンドモデルの商品になります。

ちなみに、Mac(Macintosh。マッキントッシュ)は、一般的に家電量販店などに置いてあるWindowsのパソコンとは全く別物ですが、iPhone同様に初心者や老若男女問わず誰でも直感的に操作できるのが特徴のパソコンです。

一度、Macの操作感に慣れてしまうと、その使いやすさからAppleのファンになってしまう人も多いアイテムです。

 

MacBookPro 13インチ(2017年モデル)と15インチ(2011年モデル)のスペックの違い

MacBookPro 13インチ(2017年モデル)と15インチ(2011年モデル)のスペックの違いが比較できるように簡単にまとめてみました!

MacBookPro13(2017年モデル)は、タッチバー非搭載モデルとなります!
※Touch IDセンサーが組み込まれたTouch Barが付いていないモデルということ。

機種名
13インチ(2017年モデル) 15インチ(2011年モデル)
本体カラー シルバー・スペースグレイ シルバーのみ
ディスプレイ 2,560 x 1,600(Retinaディスプレイ) 1680 x 1050
CPU(プロセッサ) 2.3GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)、64MB eDRAM 2.3GHzクアッドコアIntel Core i7、8MB 共有三次キャッシュ
ストレージ 256GB SSD(リード速度最大3.2GB/s?) 256GB SSD(リード速度 約500MB/s?)
メモリ 8GB(2,133MHz LPDDR3オンボードメモリ) 8GB(1,333MHz DDR3メモリ)
グラフィックス Intel Iris Plus Graphics 640 AMD Radeon HD 6750M
ワイヤレス IEEE 802.11a/b/g/n IEEE 802.11n
カメラ 720p FaceTime HDカメラ FaceTime HDカメラ
バッテリー駆動時間 最大10時間のワイヤレスインターネット閲覧 最大7時間のワイヤレス インターネット閲覧
サイズと重量 高さ:1.49 cm、幅:30.41 cm、奥行き:21.24 cm、重量:1.37 kg 高さ:2.41 cm、幅:36.4 cm、奥行き:24.9 cm、重量:2.54 kg

MacBookProの13インチ(2017年モデル)と15インチ(2011年モデル・カスタマイズあり)を比較するとこんな感じです。

 

実際に使ってみての感想(商品の評価レビュー)

やはり6年の差は大きいのか、スペックにおいて全て13インチ(2017年モデル)が優っています!!
※というか当たり前か。。

15インチ(2011年モデル・カスタマイズあり)が、クアッドコアのコアi7であろうとも、全体的なスピードアップが図られている13インチ(2017年モデル)の方が、体感スピードも間違いなく上でした!!

特に、Adobeのイラストレーターやフォトショップなどを使用すると、その体感さはより如実に現れます。

ただ、実は、15インチ(2011年モデル・カスタマイズあり)もSSDを搭載していれば、実は体感的に「遅い」と感じることは全くなかったです。「比べると13インチ(2017年モデル)が早い」というだけです。

個人的には、webなどのグラフィックがメインの方は、まだまだ15インチ(2011年モデル・カスタマイズあり)にSSDを搭載すれば、現役でいけるな〜ということ。

やっぱりSSDってすごいんですね。HDDの時は、多分全くダメだったと思います。。

ちなみに、マックブックプロの13インチ(2017年モデル)のレビューも書いてみました!

13インチ(2017年モデル)のレビュー

【デザイン】★★★★★(★:5)
やはりApple(アップル)らしく、おしゃれでカッコいいデザインです。

所有欲を満たしてくれるそんな存在です!

ちなみに、Windowsの人は「パソコン」とか「PC」って言いますが、Mac餅の人は「マック」って親しみを込めて呼ぶのも、愛されている証拠の一つではないでしょうか!

【処理速度】★★★★★(★:5)
最初、i7からi5にあたって「大丈夫かな?」と不安いっぱいでしたが、実際に使ってみると確実に体感的にも早くて安心しました!

もちろん、もっt上のグレードのものを買えば、もっと早く・そしてもっと長く使えるかもしれませんが、十分すぎるほど早いです!!
デザイン業務も普通に行えます。

【グラフィック性能】★★★★★(★:5)
画面もRetinaなので綺麗ですし、グラフィックの処理速度も十分早いです!

【拡張性】★★★★☆(★:4)
USB-Cなので、まだこれからな感じはありますので、現時点では星4つです。

それよりも、メモリやSSDが数年後拡張したりすることがほぼ不可能なので、その点も考慮して星4つです。

【使いやすさ】★★★★★(★:5)
非常に操作性も良く、初心者でも迷わず使いこなせます。

Windowsも使っていて感じるのが、Windowsの操作中に出てくる言葉が、専門用語が多い気がするので、知らない初心者からするとハードルが高い気がします。知っている人や理解できる人からすると、「ドンピシャ」なことを言っているので、わかりやすいのですが。。

あとは、キーボードが2016年モデルから「バタフライ構造のキーボード」のキーボードに変わったため、キー入力の感覚が大きく変わりました!キーの打ち込む深さが2011年モデルと比較すると浅くなった感じです。

長文を打つようなブロガーさんにとっては非常に良い仕様なのではないでしょうか??

ただ、慣れが必要なのは事実です。

【携帯性】★★★★★(★:5)
15インチ(2011年モデル)と比較して約半分近い重さになったので、非常に携帯性も高いマシンです。

【バッテリー】★★★★★(★:5)
バッテリーの持ちも、まだ完全には試してないですが、まぁまぁいいのではないでしょうか。特に気になりません。マシンの使い方に大きく左右されると思います。

【液晶】★★★★★(★:5)
画面もRetinaなので綺麗ですし、P3カラーに対応していますので標準的なRGBより25パーセント多い色を使用できるようです!確かに、色も鮮やかですね!

 

実際に撮影された写真は??

実際の商品画像はこんな感じ!!

開封の儀

外装箱はこんな感じ。USモデル共にJISモデル共に同じパッケージのようです。
macbookpro_13inch_2017model_5957

白い箱を開けると早速MacBook Proの本体が登場します!
macbookpro_13inch_2017model_5958

本体には傷がつかないように、保護用フィルムでラッピング処理が施されています。
macbookpro_13inch_2017model_5959

別の角度から。
macbookpro_13inch_2017model_5960

角はむき出しですね。
macbookpro_13inch_2017model_5964

本体を取り出すと、その下に説明書、電源ケーブル、ACアダプタが同梱されています。
非常にシンプルな作り。
macbookpro_13inch_2017model_5962

本体を取り出してみました。
2017年モデルは2011年モデルと違って、ロゴが光りません。
これはこれでかっこいいな♪

2011年モデルは白色のロゴマークで起動するとロゴが点灯していました。
2017年モデルは、鏡のような光沢のある質感のロゴです。
macbookpro_13inch_2017model_5965

最近のMacって電源ボタンを押さなくても、ディスプレイを開くだけで勝手に起動するのですね!!!
正直、これは驚きました!!!
macbookpro_13inch_2017model_5966

付属品を撮ってみました。
2011年モデルのACアダブタより一回り小ぶりなACアダブタ。ケーブルは、接続するUSB-Cケーブルをタイプなので断線した時など、安く済みそうですね♪
macbookpro_13inch_2017model_5963

 

まとめ(総評)& お得に購入

いかがでしたでしょうか??個人的には、MacBookPro 15インチ(2011年モデル・カスタマイズあり)でも、まだまだ現役でいけるレベルではあると感じていますが、やはりMacBookPro 13インチ(2017年モデル)は、コアi5であれ、圧倒的に早くなっています。

15インチで「もっと軽く、機動性の高いマシンが欲しい!けど、たまにwebのグラフィックなどもやる!」という方は、13インチの2017年モデルなんかはピッタリなのではないでしょうか??

オフィスで作業効率を求めるのであれば、モニタを接続すれば良いだけですし。

最初は15インチの2017年モデルにしようかと、ずーっと悩んでいましたが、13インチモデルにして正解でした!!

打ち合わせなどの移動が楽になったのがとても嬉しいです!
前のモデルだと、鞄に入れるとパンパンだったので。。

しばらくはこの13インチモデルを自分の愛機として愛用していきます!

Macの最新モデルをAmazon(アマゾン)で見る

▶︎Amazon(アマゾン)はこちら→

Macの最新モデルを楽天市場で見る

▶︎楽天市場はこちら→

MacBookPro 2016年モデルはこちら

MacBookPro13インチ 256GBのSSDの速度テストもしてみました。

MacBookProのSSDの速度テストの記事はこちらです。

 

Facebookで最新情報&雑学も配信!

毎日を豊かにしてくれたり、少し明るく楽しませてくれる情報&雑学を随時Facebookでも配信しています!
ぜひページに「いいね!」を押して、どんどんモチベーションをあげて生活を楽しんでいきましょう♪

▶hitoiki(ひといき)の公式Facebookページはこちら⇒
https://www.facebook.com/hitoiki.xyz

 
hitoiki(ひといき)の公式facebookページはこちら

 

SNSでシェアしよう!


PR

LINEで、笑える記事や人気の雑学情報、話題のお得情報配信中!

友だち追加数

浅田真央さんのTVCMで話題のキララ(Kirala)の公式サイトはこちら

▶︎浅田真央さんのTVCMで話題のキララ(Kirala)の公式サイトはこちら→

PR