Nif Coffee(ニフコーヒー)とは?実際に飲み続けた感想をまとめた | hitoiki( ひといき )

Nif Coffee(ニフコーヒー)とは?実際に飲み続けた感想をまとめた

2022年5月6日

Nif Coffee(ニフコーヒー)とは?実際に飲み続けた感想をまとめた

こんにちは。今回のhitoiki(ひといき)な話題は、2022年からハマっているハンドドリップ用のコーヒー豆でお世話になっているNif Coffee(ニフコーヒー)さんのコーヒー豆を、実際に何度か注文し飲み続けて感じた感想についてまとめたので、ご紹介します!

Nif Coffee(ニフコーヒー)のコーヒー豆とは?実際に飲み続けた感想をまとめた nifcoffee-img3899main

Nif Coffee(ニフコーヒー)さんの公式サイト



ニフコーヒー A8.net

スポンサーリンク

今回の記事は、こんな人にオススメの情報

まず、今回の記事は、こんな人にオススメの情報なのかまとめたのでご紹介いたします。

こんな人にオススメ

  • ペーパードリップやハンドドリップをはじめたばかりの初心者で、自分に合ったコーヒー豆と出会いたい
  • コスパのよさそうな、Nif Coffeeさんのスペシャリティコーヒー豆が気になる
  • YouTubeで美味しいコーヒーの淹れ方動画や、オススメコーヒー器具の紹介をされている、ニフコーヒーさんのコーヒー豆が気になる
  • ニフコーヒーさんのコーヒー豆の「ふつう」と「ふかいり」の味の違いが知りたい

という情報を探している方におすすめです!

スポンサーリンク

Nif Coffeeとは?(ニフコーヒーとは?)

まずはじめに、Nif Coffeeとは(ニフコーヒーとは)どんなお店なのかをまとめたをご紹介します。

Nif Coffeeとは?(ニフコーヒーとは?)

Nif Coffeeとは(ニフコーヒーとは)、「高品質でおいしい、新鮮なスペシャリティコーヒーを手の届きやすい価格で提供したい」という想いのもと、「毎日気兼ねなく美味しいコーヒーが飲める幸せ」を提供することで、コストパフォーマンスの高いコーヒー豆を、ネット通販限定で販売されているスペシャリティコーヒー専門店です。

Nif Coffee(ニフコーヒー)さんの公式サイト



ニフコーヒー A8.net

Nif Coffee(ニフコーヒー)さんの「品質へのこだわり」としては以下です。

Nif Coffee(ニフコーヒー)さんの品質へのこだわり

  • コーヒー業界を10年以上経験して培った目利き力
  • 時季でベストな品質の生豆を選定
  • コンセプトに沿った味わいで、旬のシングルオリジンを選定し焙煎
  • 1粒づつハンドピックで未熟豆や異物を除去(生豆選別&焙煎豆選別)
  • 年間100tのコーヒーの焙煎を監督してきた熟練のスタッフによる丁寧な焙煎
  • HACCPの考えに基づいた高い衛生管理の工場と、遮光性&密閉性が高く美味しさがとても長持ちする包材を使用し、コーヒー豆を封入・検品・梱包
  • 製造当日の豆を出荷

を行われています。

そして、Nif Coffee(ニフコーヒー)さんの大きな特徴として、商品は「ふつう」と「ふかいり」の2つだけということ。
ふたつの特徴やコンセプトの違いは以下です。

「ふつう」の特徴

焙煎度合いは、シティロースト。
酸味とコクのバランスが良く、苦味は控えめなコーヒー豆。

「ふかいり」の特徴

焙煎度合いは、フレンチロースト。
柔らかくしっかりとした苦味とやさしいコクのコーヒー豆。
甘苦く心地よい余韻もつづく。
コーヒーを濃く淹れてカフェオレやアイスコーヒーにするなら、「ふかいり」のほうがオススメ

という特徴やコンセプトの違いがあります。

hitoiki( ひといき )と、Nif Coffee(ニフコーヒー)さんの出会いは、ペーパードリップの勉強がてら、YouTubeの動画を拝見した時がきっかけでした。

「自分に合った美味しいコーヒーを自分でも淹れたい」と思った時、第15代ワールド・バリスタ・チャンピオンの井崎英典さんなどのコーヒーの淹れ方レッスン動画を観ていた流れで、YouTubeからのオススメで、Nif Coffee(ニフコーヒー)さんをご紹介されました(笑)

ちなみに私がよく観ていた井崎英典さんの動画は以下です。

世界一美味しいコーヒーの淹れ方 〜ワールド・バリスタ・チャンピオン井崎英典が教える6つのポイント〜

以下の書籍で紹介されている「世界一美味しいコーヒーの淹れ方のための考え方」の6つのポイントのうち、3つを重視して動画で解説してくれています。

井崎英典さんの動画にあわせてレコメンドされたのが、以下でした。

【初心者】でも簡単おいしいコーヒーの淹れ方 ふつう(シティロースト)おすすめの抽出方法ドリップ抽出解説します | Nif Coffee(ニフコーヒー) 「スペシャルティコーヒー専門店」

Nif Coffee(ニフコーヒー)の代表でもある、小川健介さんが実際に動画で美味しいコーヒーの淹れ方を解説してくれている動画です。

そこで、「品質とパフォーマンスが高く値段もお手頃という、コスパのよいコーヒー豆が手に入りそう」と感じ、実際に注文したのがきっかけです。

最近だと、コーヒーフィルターの「漂白(白いやつ)」「無漂白(茶色いやつ)」の比較動画が11万回再生を突破して話題にもなっています。

【なぜ2種あるか知ってる?】コーヒーフィルターの漂白と無漂白(未晒し)の違いを解説HARIOV60ペーパーフィルター01

スポンサーリンク

実際に注文し購入した、「ふつう」「ふかいり」のコーヒー豆

次に、hitoiki( ひといき )が、実際に注文し購入した、「ふつう」「ふかいり」のコーヒー豆についてまとめたのでご紹介いたします。

ニフコーヒーさんから届く輸送箱も専用の輸送箱を制作されていました。
価格を抑えながらも、こだわられている点として注目しました。
Nif Coffee(ニフコーヒー)とは?実際に飲み続けた感想をまとめた nifcoffee-img3895

輸送箱にもQRコードの印字でサイトへ誘導する仕組みがあったり、「コーヒー豆の美味しさを保つために、冷凍保存を推奨」といった案内が記載されていました。
Nif Coffee(ニフコーヒー)とは?実際に飲み続けた感想をまとめた nifcoffee-img3896

また、ニフコーヒーさんは購入するタイミングで産地などが違うことがあるため、今回届いたコーヒー豆の産地の紹介や雑学情報、定期購入の案内、初回購入特典など、たくさんのものが同梱されていました。
Nif Coffee(ニフコーヒー)とは?実際に飲み続けた感想をまとめた nifcoffee-img3897

ニフコーヒーさんの「ふつう」と「ふかいり」のコーヒー豆は、パッケージでも分けられています。
白いパッケージが「ふつう」。
茶色いパッケージが「ふかいり」となっています。
Nif Coffee(ニフコーヒー)とは?実際に飲み続けた感想をまとめた nifcoffee-img3899

コーヒー豆の煎り具合や、欠点豆などもみてみました。
煎り具合に関しても、スーパーの市販品と比較では申し訳ないぐらい、ムラがなく丁寧に焙煎されていました。
気になる欠点豆も、わたしが見る限りでは見当たりませんでした。
Nif Coffee(ニフコーヒー)とは?実際に飲み続けた感想をまとめた nifcoffee-img3902

スポンサーリンク

Nif Coffee(ニフコーヒー)さんの「ふつう」「ふかいり」のコーヒーの味や感想は?

次に、Nif Coffee(ニフコーヒー)さんの「ふつう」「ふかいり」のコーヒーの味や感想をまとめたのでご紹介します。

20gの豆に対し、お湯の量300ml(300g)で淹れてみました。
Nif Coffee(ニフコーヒー)のコーヒー豆とは?実際に飲み続けた感想をまとめた  nifcoffee-img7833

コーヒー豆の焙煎具合も改めてみてみましたが、キレイにローストされています。
Nif Coffee(ニフコーヒー)のコーヒー豆とは?実際に飲み続けた感想をまとめた nifcoffee-img7834

お湯をハリオのホーローのドリップケトルで注ぎましたが、豆の鮮度がよいので、ガスの膨らみもしっかりと現れます。
Nif Coffee(ニフコーヒー)のコーヒー豆とは?実際に飲み続けた感想をまとめた nifcoffee-img8079

そして、飲んでみた感想が以下です。

「ふつう」の感想

「ふつうり」の焙煎具合は、「シティロースト」の焙煎。
苦味よりも、酸味が強めに感じ、まろやかで美味しく飲みやすい印象でした。
アメリカンなコーヒーや、ブラックでガブガブとコーヒーを飲まれる方は「ふつう」の方が合いそうだなーという印象。
もちろん産地などでも変わりますが。

「ふかいり」の感想

「ふかいり」の焙煎具合は、「フレンチロースト」の焙煎。
「ふかいり」らしい苦味がしっかりと感じられる濃厚な味が印象的でした。
ただ、市販の深煎り系の豆によくある「焦げっぽい」とか「苦味ばかり」「後味に不快感が残る」といった印象は全くなく、濃厚でしっかりと苦味を感じるけど、後味に甘さとスッキリさを感じられるコーヒー豆でした。

牛乳とあわせてカフェオレでも美味しく飲めます。

hitoiki( ひといき )としては、苦味が強い濃厚な味わいのコーヒーが好みなので、リピート購入する際は、「ふかいり」を中心にリピート購入しています。

スポンサーリンク

Nif Coffee(ニフコーヒー)さんの評価や評判、クチコミ(口コミ)、レビューをまとめた

Nif Coffee(ニフコーヒー)さんの、評価や評判、クチコミ(口コミ)、レビューをまとめました。

「ふつう」の方は、焙煎も浅いので非常にあっさりとしている印象でした!
※あっさり=味が薄いではないです。味はしっかりするけど後味サラッと飲みやすい印象でした。

Nif Coffeeさんも注文状況によるでしょうが、タイミングがあえばすぐに発送してくれるので、注文後の期待値が高い状態ですぐに楽しむことができますよね。

また、ニフコーヒーさんのメリットでもありデメリットでもあるのが、「購入直後に産地が変更」ということですね。
コーヒー豆がなくなりそうなので、ニフコーヒーさんで注文したけど、購入直後に飲みたい産地に切り替わると少し残念にもなってしまします。

対策としては、送料がかかるかもしれませんが、2週間〜1ヶ月程度で飲み切れる量で購入し、産地が切り替わる前に、追加で購入するという購入方法がよいかと思います。

hitoiki( ひといき )も、グァテマラの深煎りのコーヒー豆が好きなので、Nif Coffeeさんでも追加注文しました。

「ふかいり」のコーヒー豆は、しっかりと苦味を感じられる味わいを楽しみつつも、後味はすっきりとして飲めたので、とても気に入りました!

スポンサーリンク

Nif Coffee(ニフコーヒー)が向いている人・向いていない人とは?

次に、hitoiki( ひといき )が何度かNifCoffeeさんのコーヒー豆を実際に注文して感じた「Nif Coffee(ニフコーヒー)が向いている人・向いていない人はどんな人か?」をまとめたいと思います。

それは以下がひとつの判断基準になると感じました。
もちろん、「一度1袋だけでも体感して相性は判断して欲しい」というのはありますが。

Nif Coffee(ニフコーヒー)が向いている人

  • スペシャリティコーヒー豆というものをまずは手軽に体感してみたい人
  • 1袋200gの容量のコーヒー豆が約1,000円以下という低価格帯で堪能したい人(コーヒー豆に何千円も出すのは抵抗がある人)
  • 定額の値段で、注文するたびに、産地の違うコーヒーを味わってみたい人
  • 特定の産地にこだわりがなく、豆選びをプロに任せたい人
  • Nif Coffee(ニフコーヒー)さんのYouTubeチャンネルが好きで、チャンネル登録していたり、定期的に視聴を楽しんでいる人

Nif Coffee(ニフコーヒー)が向いていない人

  • 自分の好きな産地や焙煎具合など、細かくこだわりが決まっていて、それ通りの豆が欲しい人

というのが、向き不向きにおいて、ひとつの判断基準になると感じました。

特に「注文者が欲しいタイミングでコーヒー豆の産地を選べない」というのは、新たなコーヒー豆と出会うチャンスでもありますし、こだわりのある豆が好きなタイミングで手に入らないデメリットでもあります。

そのどちらに比重を置くかで変わってきます。

ただ、個人的にはやはり「自分では今まで選んでこなかったけど、新たなコーヒー豆と出会うチャンス」がNif Coffee(ニフコーヒー)さんにはあるので、ぜひ一度味わってもらいたいというのはあります。

スポンサーリンク

お得にNif Coffee(ニフコーヒー)さんのコーヒー豆を購入

Nif Coffee(ニフコーヒー)さんのコーヒー豆は、以下の公式の通販サイトで購入できます。
定期便で購入すると、5%OFF程度で購入できます。

Nif Coffee(ニフコーヒー)さんの公式サイト



ニフコーヒー A8.net

スポンサーリンク

SNSでシェアしよう!