30秒で理解!新車エスクァイア(ESQUIRE)の特徴を簡単に分かりやすくまとめた人気記事!!

PR

エスクァイア(ESQUIRE)の特徴を簡単に分かりやすくまとめた!

こんにちは。
今回のhitoiki(ひといき)な話題は、
2014年に新車として発表されたトヨタ(TOYOTA)の新型ミニバンエスクァイア(ESQUIRE) についての特徴や情報、スペック簡単に分かりやすく写真付きでまとめます!!

ちなみに発表日は2014年10月29日。








▶楽天カー・バイクで愛車の一括高額査定&新車を探す⇒

 

▶エスクァイアのカスタマイズパーツなどをAmazon(アマゾン)でチェック⇒

▶︎楽天市場でエスクァイアの人気アイテムをチェックする⇒

エスクァイアとは?

トヨタ(TOYOTA)の新型ミニバン「エスクァイア(ESQUIRE)」とは、ノア・ヴォクシーの兄弟車(姉妹車っていう人もいますね)として2014年10月29日に登場しました!!

語源の「エスクァイア(ESQUIRE)」というのはラテン語で「盾持ち」の意味のようです。
エンブレムなどもこの盾のマークをモチーフにしてくるかもしれませんね☆

販売チャネルもノア・ヴォクシーのミドルクラスミニバンを取扱っていないなかった「トヨタ店」と「トヨペット店」に投入されています!!

一時期は、「エスティマを廃止して、その後継車種としてエスクァイア(ESQUIRE)」という噂が流れていましたが、その可能性はなく「アイシスが生産終了」となる予定のようです。

エスティマファンの皆様には、早く新型がみたいですよね♪

 

外観・エクステリアデザインについて

基本的には、ノア・ヴォクシーをベースに、クラウンマジェスタのデザインテイストを盛り込んだ、高級路線の仕様になる模様!ヘッドランプ等のデザインをみるとヴォクシーより、ノアに近いイメージですよね!!

◎フロントビュー

トヨタ公式サイトより。エスクァイアのフロントビューの写真

※トヨタ公式サイトより。エスクァイアのフロントビューの写真

◎サイドビュー

SUVとしては定番のサイドにシルバー(ステンレス?)のモールも追加!
ノアやヴォクシーより高級感がアップ!!

トヨタ公式サイトより。エスクァイアのサイドビューの写真

※トヨタ公式サイトより。エスクァイアのサイドビューの写真

◎リアビュー

テールランプ等のデザインをみるとノアに近いですよね!!
ぱっと見は分からないかも(笑)

トヨタ公式サイトより。エスクァイアのバックビューの写真

※トヨタ公式サイトより。エスクァイアのリアビューの写真

外観・エクステリアデザインを動画で見る

 

内装・インテリアについて

インテリアパネルなどの造形はノアやヴォクシーとほぼ同じ。
ツートンカラーの色合いがより落ち着き感のある色になる模様。
※ブラックとブラウンの色合いが濃厚。

インテリアもピアノブラックのパネルやメッキモール、合皮(ソフトパッド)などが追加され
ノアやヴォクシーより上質かつ高級な雰囲気の内装に!!

外観や内装の動画がアップされていましたのでご紹介!!

内装・インテリアを動画で見る

シートアレンジなどは、ノアやヴォクシーの機能性を最大限に踏襲(というか同じ?)し、
使いやすさは心配ないと思います。
※室内高1400mmも同じのよう。

また、シート表皮の素材もノアヴォクとは異なり
「上級ファブリック」や「合成皮革」のシートも導入されるようです!

シートに不満があった方には朗報かも!!

スペック・サイズ・燃費などについて

◎エスクァイアの外観スペック

全長:4695mm
全幅:1695mm
全高:1825mm
ホイールベース:2850mm

◎エスクァイアの内観スペック

室内長:2930mm
室内幅:1540mm
室内高:1400mm

これはノア・ヴォクシー(NOAH・VOXY)と同じサイズ。
変更する訳がないですよね。

ガソリン車とハイブリッド車を用意!価格差は約85万円!!

◎ガソリン車スペック(XI)

エンジン:直列4気筒DOHC、1986㏄
最高出力:152ps/6100rpm
最大トルク:19.7kgm/3800mm
モーター出力/トルク:-
システム出力:-
JC08モード燃費:16.0㎞/L
エコカー減税:100%
価格:265万円

◎ハイブリッド車スペック(XI)

エンジン:直列4気筒DOHC、1797㏄
最高出力:99ps/5200rpm
最大トルク:14.35kgm/4000mm
モーター出力/トルク:82ps/21.1kgm
システム出力:136ps
JC08モード燃費:23.8㎞/L
エコカー減税:100%

◎主要グレードの価格

【ハイブリッド】
7人乗り
Gi:3,204,000円
Xi:3,043,543円

【ガソリン車】
7人乗り 2WD
Gi:2,823,428円
Xi:2,622,857円

8人乗り 2WD
Gi:2,792,571円
Xi:2,592,000円
エクスワイアは、ノア&ヴォクシーと比較して最低10万円以上高くなりそうです。

 

まとめ

ここまで走り書きながら簡単にエスクァイアの情報をまとめてきました。
簡単にまとめると

エスクァイアの特徴

  • ◎基本サイズ感やスペックはノアやヴォクシー(NOAH・VOXY)と同じ
  • ◎デザインのベースはノアに近い印象
  • ◎フロントグリルは、マジェスタ風のスピンドルグリルになる模様
  • ◎ベースのノアやヴォクシーに、メッキモールや合皮生地、素材等の変更で高級感をアップ

といった形でしょうか。

ノアやヴォクシーより高級感のあるものが乗りたい
けど、アルファードやヴェルファイアほど大きく高いものはいらない。
エスティマの新型まで待てない。
といった方に向いているのではないでしょうか??

どんどん新しい情報が見つかり次第追記していきますのでお楽しみに!!

また、数多くのノアでのカスタマイズパーツもエスクァイアには使えるかもしれませんね!!

アマゾンでベストセラー1位

▶Amazonでオプション&カスタマイズパーツをチェックする⇒

▶︎楽天市場でエスクァイアの人気アイテムをチェックする⇒

雑誌で見逃した情報もGetすることができます!!

▶その他の「新車情報誌」はこちら⇒

 

▶エスクァイアのカスタマイズパーツなどをAmazon(アマゾン)でチェック⇒

▶︎楽天市場でエスクァイアの人気アイテムをチェックする⇒

 

エスクァイアの写真たち

esquire(エスクァイア)のエクステリア

esquire(エスクァイア)の外観とヘッドライト

esquire_IMG_1452

esquire(エスクァイア)の内装とインテリア

esquire_IMG_1462

esquire_IMG_1463

esquire(エスクァイア)の内装とメーター

esquire(エスクァイア)の内装とオプティトロンメータ

esquire(エスクァイア)の内装と運転席からみた風景

esquire(エスクァイア)の内装とスピーカー

esquire(エスクァイア)の内装とサンシェード

esquire(エスクァイア)の内装とラゲッジルーム(荷室寸法)

esquire(エスクァイア)の内装とダッシュボードインテリア








▶楽天カー・バイクで愛車の一括高額査定&新車を探す⇒

 

Facebookで最新情報&雑学も配信!

エスクァイアやエスティマなどの新車に関する新着ニュースや、それ以外の様々な情報&雑学を随時Facebookでも配信しています!
ぜひページに「いいね!」を押して、どんどんモチベーションをあげて生活を楽しんでいきましょう♪

▶hitoiki(ひといき)の公式Facebookページはこちら⇒
https://www.facebook.com/hitoiki.xyz


hitoiki(ひといき)の公式facebookページはこちら

 

SNSでシェアしよう!


PR

LINEで、笑える記事や人気の雑学情報、話題のお得情報配信中!

友だち追加数

浅田真央さんのTVCMで話題のキララ(Kirala)の公式サイトはこちら

▶︎浅田真央さんのTVCMで話題のキララ(Kirala)の公式サイトはこちら→

PR