CX-8試乗記!(CX8試乗記)購入時やメンテナンス時の注意点を簡単にまとめた!

PR

CX-8試乗記!(CX8試乗記)購入時やメンテナンス時の注意点を簡単にまとめた!Lパッケージやプロアクティブの装備の違いも!

こんにちは。今回のhitoiki(ひといき)な話題は、
2017年の12月14日に発売されるMAZDA新型クロスオーバーSUVマツダ CX-8 の試乗記を中心に、XD LパッケージやXD プロアクティグの違い、購入時やメンテナンス時の注意点。さらに、特徴や魅力を簡単にまとめたのでご紹介します!!

また、今回はXDプロアクティブの7人乗りの写真もいくつか撮れましたので、Lパッケージとの違いも合わせながらご紹介致します。

CX-8に関連するアクセサリーはこちら


CX-8関連のアクセサリーはこちら→

 

 

 

マツダ CX-8とは(cx8とは)

マツダ CX-8とは(MAZDA cx8とは)、2017年12月14日に発売される、マツダの新型クロスオーバーSUV(3列シート採用モデル)。

CX-8(シーエックス エイト)が発表される前は、ネットや雑誌で「CX-6(シーエックス シックス・cx6)」などと、話題になっていましたね!!

正式名称はCX-8(シーエックス エイト)ですよ!

CX-8の特徴(cx8の特徴)

CX-8は、国内向け新世代商品としては初めての3列シート採用モデルです。
さらに、マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」と、デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を、全面的に採用したマツダの新世代商品群の最新モデルであり、同社の国内市場向けSUVラインアップにおける最上位モデル(SUVのフラグシップ)となります。

つまり、既に発売されている大人気車種 CX-5 の兄貴分的な存在の車種です!

CX-8の魅力(cx8の魅力)

CX-8の魅力は、色々あるのですが、hitoiki(ひといき)的に最もプッシュしたいのが、メインターゲットとなるファミリー向けに、ミニバンの代用としてもそれなりに使えそうな、3列シートを備えたSUVということと、マツダならではの、高品質なデザイン(おしゃれでカッコイイデザイン)運転する楽しみ(走る楽しみ)を味わえる魅力的なクルマだということ。

内装(インテリア)や外装(エクステリア)は?

内装(インテリア)や外装(エクステリア)は、過去の記事をご覧になっていただければと思います!

 

CX-8のXDプロアクティブ(XD PROACTIVE)とXD Lパッケージ(XD L Package)の違いについて

では、実車を見学してみて一番の人気グレードであるXDプロアクティブ(XD PROACTIVE)と最高級グレードであるXD Lパッケージ(XD L Package)の違いが、よく分かってきたので、簡単にわかりやすくまとめたいと思います。
※一部商品は、ディーラーオプションで装備することも可能です!

XDプロアクティブ(XD PROACTIVE)とXD Lパッケージ(XD L Package)の違い

  1. ルーフレールが違う!Lパッケージはルーフレールを標準装備。プロアクティブは、なし
  2. フォグランプが違う!Lパッケージはフォグランプ標準装備。プロアクティブは、なし。
  3. シート生地が違う!Lパッケージはナッパレザー(白or茶色)。プロアクティブは、クロス生地(ダークグレー)のみ(ドアトリム等はどちらもレザー)
  4. 座席数が違う!Lパッケージは6人乗りのみ。プロアクティブは、6人乗り(ウォークスルー)か7人乗り(ベンチシート)が選べる
  5. 2列目センターコンソールが違う!Lパッケージは
    アームレスト&カップホルダー付き専用の高級コンソールボックス。プロアクティブ6人乗りは、肘掛けぐらい。カップホルダーやUSB端子がなし(7人乗りは有り)
  6. インテリアパネルが違う!Lパッケージはリアルな質感が売りの本杢目。プロアクティブは、シルバーの素材にヘアラインが加わったもの(金属の削り出しのイメージ?)
  7. ハンドルの加飾が違う!Lパッケージはハンドル(ステアリングホイール)のロゴの周囲にも丸いメッキ加飾が。プロアクティブは、なし
  8. グローブボックスの加飾が違う!Lパッケージは取手(レバー)にもメッキ加飾が。プロアクティブは、なし
  9. グローブボックスの植毛が違う!Lパッケージは植毛あり。プロアクティブは、植毛なし
  10. 照明の加飾が違う!LパッケージはオーバーヘッドコンソールLEDダウンライトが。プロアクティブは、オーバーヘッドコンソールLEDダウンライトなし。照明も通常のもののみ
  11. パワーシートのスイッチが違う!Lパッケージは
    スイッチがシルバー加飾。プロアクティブは、プラスチックのまま

といったところ。
今回、暗くて写真が撮れなかったので、また次回写真撮ってきますね!

 

CX-8に試乗してみて(CX-8試乗記)

今回試乗したのは、XD Lパッケージ(XD L Package)です。
では、実際に試乗してみた感想も、試乗記として簡単にご紹介します。

試乗してみた感想:車重や加速について

CX-5より200kgも重くなっていましたが、重さを全く感じさせず、SUVらしい適度なヒップポイントの高さもあり、とても快適に運転しやすかたです!!

加速も十分早いですし、静粛性もかなり高いです。ディーゼル車と言われなければ、ぜったいにわからないぐらいです。

また、街乗りの平均燃費も13.5km〜13.7kmを記録しました!
※写真を撮り忘れたのが残念。。

これで、クリーンディーゼルなので燃料代は軽油代になります。
燃料代だけでの維持費は、ガソリン車よりも安くなりそうなのを実感しました!

試乗してみた感想:運転しやすさについて

フロントガラスに照射される「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」が、非常に良かったです!
ハリアーやエスティマ、アルファードにも装備してくれないかな。。

ほとんど、メーターへの視線移動をすることなく、走行に必要な情報を取得することができました!
これは快適♪

CX-8のメーターデザイン 高級感

 

CX-8を購入する上やメンテナンスで注意点や課題点

CX-8を購入する上でやメンテナンスで注意点や課題点などもありますので、ご紹介をします。
※ガソリン車と比較して

注意点や課題点

マツダのクリーンディーゼル車を購入した際、推奨として毎年ディーラーで燃料噴射量補正(噴射学習)を受ける必要があります。
※もちろん受けてない方も多いと思いますが。。

怠ると燃料噴射のズレが出てきて燃費でいいパフォーマンスが出ないようです。

金額としては大体3000円ぐらいとのこと。

メーカーの公式サイトなどあまり記載されていないことなので、この場を借りて皆さんにお伝えしたいと思います。

 

CX-8のまとめ

いかがでしょうか?
MAZDA(MATSUDAじゃないですよ)の新世代クロスオーバーSUVの「CX-8(CX8)」。

hitoiki(ひといき)的には、できればスライドドアのSUVを期待していたのですが、やはり難しいのでしょうね。。

とはいえ、これから発売されるCX-8(CX8)をぜひ皆さんも心待ちにして、どんどん最新情報を集めましょう!!

正式な写真とか特別仕様車などが発表されたら
随時こちらに追記してアップしていきます!!

お楽しみに♪







 

▶CX-8の外観写真!マツダが公式発表!2017年中に発売開始!
https://matome.naver.jp/odai/2149341708211041601



▶CX-8のパーツやグッズをAmazon(アマゾン)でチェックする⇒





 

Facebookで最新情報&雑学も配信!

CX-8(CX8)の新着ニュースや、それ以外の様々な情報&雑学を随時Facebookでも配信しています!
ぜひページに「いいね!」を押して、どんどんモチベーションをあげて生活を楽しんでいきましょう♪

▶hitoiki(ひといき)の公式Facebookページはこちら⇒
https://www.facebook.com/hitoiki.xyz

 
hitoiki(ひといき)の公式facebookページはこちら

 

SNSでシェアしよう!


PR

LINEで、笑える記事や人気の雑学情報、話題のお得情報配信中!

友だち追加数

浅田真央さんのTVCMで話題のキララ(Kirala)の公式サイトはこちら

▶︎浅田真央さんのTVCMで話題のキララ(Kirala)の公式サイトはこちら→

PR