CX-8とMPV(マツダ)を比較!子育て家族が後悔しない新車選びは?人気・評価・評判・レビュー・クチコミ!

PR

CX-8とMPV(マツダ)を比較!子育て家族が後悔しない新車選びは?人気・評価・評判・レビュー・クチコミ!

こんにちは。今回のhitoiki(ひといき)な話題は、予約注文が殺到であり、さらに先進的かつ未来的なフォルムで、新たな市場の創造に挑戦するマツダのフラグシップ3列SUVのCX-8(シーエックスエイト・CX8)と、それまでのマツダのフラグシップミニバンであったクルマのMPVスペックを中心に徹底的に比較し、hitoiki(ひといき)なりに「ファミリー向けに使え、かっこよくオシャレで、女性にもモテるような車、女性ウケが良い車はこれ!」というのを、まとめたのでご紹介します!

ちなみに、過去にCX-6(cx6)の噂がありましたが、正しくはCX-8(CX8)ですよ〜。今回はCX-5(CX5)でもないです。

cx-8_mpv_mazda マツダ 違い 比較 レビュー 本音 オーナー

 

 

 

 

新発売のマツダCX-8とは?(CX8とは?)

まずは、まだあまり皆さんに馴染みの薄いマツダの新型車両「CX-8とは何なのか?」というのをご紹介します。

MAZDA CX-8とは?

マツダ CX-8とは(MAZDA cx8とは)、2017年に発売される、マツダの新型クロスオーバーSUV(3列シート採用モデル)。

高い質感のデザインと、アウトドアなどのファミリーユースにもしっかりと使える実用性を兼ね備えた、クルマです。

CX-8のメーカー公式動画

CX-8の特徴(cx8の特徴)

CX-8は、国内向け新世代商品としては初めての3列シート採用モデルです。
さらに、マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」と、デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を、全面的に採用したマツダの新世代商品群の最新モデルであり、同社の国内市場向けSUVラインアップにおける最上位モデル(SUVのフラグシップ)となります。

つまり、既に発売されている大人気車種 CX-5 の兄貴分的な存在の車種です!

CX-8の魅力(cx8の魅力)

CX-8の魅力は、色々あるのですが、hitoiki(ひといき)的に最もプッシュしたいのが、メインターゲットとなるファミリー向けに、ミニバンの代用としてもそれなりに使えそうな、3列シートを備えたSUVということと、さらに、マツダならではの、高品質なデザイン(おしゃれでカッコイイデザイン)と運転する楽しみ(走る楽しみ)を味わえる魅力的なクルマだということ。

 

マツダCX-8の外観や内装の写真!

マツダ CX-8の外観デザイン(インテリア)や内装(インテリア)がわかる写真を集めました。

CX-8の外観・エクステリアデザイン

※引用:全てマツダ メーカー公式サイトより

オプションのシグネチャーウイングイルミネーション

※引用:全てマツダ メーカー公式サイトより

オプションのインテリアイルミネーション

※引用:全てマツダ メーカー公式サイトより

弟分のCX-5によく似た、高級感あるドイツ車のようなデザイン。
雪のように白いホワイトイルミネーションが特徴ですね!

CX-8の内装・インテリアデザイン

ナッパレザー・ディープレッド(エボニーステッチ)

ナッパレザー・ピュアホワイト(ライトグレーステッチ)

※引用:全てマツダ メーカー公式サイトより

スクエアメッシュクロス・ブラック

※引用:マツダ メーカー公式サイトより

※引用:マツダ メーカー公式サイトより

CX-8のメーター

こちらがCX-8のメーターデザイン!

ライトをOFFにした状態。昔のブラックアウトメーターみたいに、真っ黒にはなりません。。

こちらが拡大したもの。

こちらも、CX-5によく似た、高級感あるドイツ車のようなデザイン。
マツダ車としては珍しい、ブラックの天井色などを採用したり、金属調のメッキパーツを多用して、CX-5よりさらに高級感をグッと高めています!

ただ、hitoiki(ひといき)的には、このMPVの立体感のあるスーパーブラックアウトメーターが、すごいかっこよくて好きなのですよね〜!

最近のマツダ車のメーターは、少しシンプルすぎる気もします。

CX-8で注意したいポイント

完璧にみえるCX-8ですが、弱点もあります! ここはぜひ改善してほしいという点で、2列目のドアポケットのドリンクホルダー。
これが斜めになっています。
斜めになっていることは悪くないのですが、2列目にキャプテンシートを採用した場合、ドリンクホルダーがこのドアポケットしかなく、コンビニなどのカップのコーヒーなどが置けないのが弱点です!!
ぜひ、メーカーには年次改良で改善してほしいです。

センターコンソール周辺ですが、トヨタのハリアーとは違って、CX-5同様に少し足元が盛り上がっています。
これも、せっかくなのでフラットにしてほしいですね。。

CX-8のヒップポイント(椅子の地面から座面までの高さ)は?

SUVであれば見晴らしのよい視線の高さは気になる重要なポイント!CX-8のヒップポイントの高さはこちら。

CX-8のヒップポイント
  • 1列目:700mm
  • 2列目:760mm
  • 3列目:786mm

CX-8の後席の広さは?

2列目は、足が組めるほどの余裕があります!

3列目の足元もスペースもこれぐらい。だいたい30cm〜35cmぐらい足の置き場があります。

2列目シートは120mmのロングスライドを可能にし、レッグルーム(足首の角度が130度以下)は1000mm!
これは、アテンザセダンの984mm、MPVの991mm、CX-5の997mm、を超える数値です!
さらに、3列目シートのレッグルームについては760mm!
これは、MPVの732mm、プレマシーの745mmを超える数値です!

CX-8の装備について

3列目の左右にもドリンクホルダーが付いています。

1列目から3列目までしっかりと室内灯も装備されています。

1列目のパワーシートの調整ボタンです。ポルシェなどと同じようにメッキ処理されています。

CX-8の本杢目のデザイン。リアルな質感が売りのデザインです!

 

マツダCX-8とMPVの比較(スペック・広さの違いなど)

では、早速メーカーが公開している情報等も含めて、hitoiki(ひといき)に、ミニバンとSUVを比較し、買う方が気になるスペックのポイントを中心に簡単に比較してみました。

グレードなどによって、仕様も違うのですが、グレードは、hitoiki(ひといき)チョイスですので、すいません(笑)

車名
MPV
(23S・7人乗り)
CX-8
(XD・6人乗り)
全長(mm) 4,860 4,900
全幅(mm) 1,850 1,840
全高(mm) 1,685 1,730(+45)
ホイールベース(mm) 2,950 2,930
室内長(mm) 2,635 2,690(+55)
室内幅(mm) 1,565 1,540
室内高(mm) 1,210 1,250
最低地上高(mm) 155 200(+45)
最小半径(m) 5.7m 5.8m
車両重量(kg) 1,760 1,780
(17インチ)
エンジン
排気量(L)
2,260
(ガソリン)
2,188
(クリーンディーゼル)
最高出力(kW〈PS〉/rpm) 120
〈163〉
/6,500
140
〈190〉
/4,500
最大トルク(N・m〈kgf・m〉/rpm) 203
〈20.7〉
/3,500
450
〈45.9〉
/2,000
使用燃料・タンク容量 レギュラーガソリン・68L 軽油・72L
トランスミッション 5速AT 6速AT
燃費(km/L) 11.0 17.6
スライドドア 有り 無し
タイヤサイズ 215/65R16 225/65R17

CX-8とMPV(マツダ)を比較するとこんな感じです。

意外だったのが、MPVとCX8の数値上の広さという点では、ほぼ同じか若干CX-8の方が広いといった印象があります!

エスティマと比較した際では、ミニバンであるエスティマの方が当然ながら広かったので。ミニバンのMPVとSUVのCX-8の広さがほぼ同じというのは正直ビックリしました!!

しかも、MPVの3列目とCX-8の3列目の居住性を比較した時に、CX-8の方が足元の広さと余裕を感じました。
MPVの方が3列目の天井周りの余裕はありますけどね。

MPVの3列目の足元空間


2列目を少し前にスライドさせて、ようやく座れるのがMPV。足元の余裕空間はCX-8の方が広く感じます。

あとは、MPVが通常のレギュラーガソリン車。CX-8がクリーンディーゼル(軽油)で比較すると、やはり燃費が良いのはCX-8ということ。
さらに、CX-8は軽油なので、レギュラーガソリンと比較して、1Lあたりの給油料金も20円ぐらい安いかと思います。

CX-8のシートアレンジ







※引用:全て、マツダ公式サイトより引用

※引用:webcgより引用

CX-8の3列目は、前方に背もたれを倒す程度の格納方式です。CX-8もSUVとしてはかなり頑張っているシートアレンジですが、やはりこのあたりは現行のミニバン(ノア、ヴォクシー、エスクァイア、アルファード、ヴェルファイア、エスティマなど)の方が、機能性も使い勝手もかなり良さそうです。

ただ、CX-8の魅力として、SUVでは珍しい2列目の前後120mmのスライド機構(10mmピッチで調整可能)と、セカンドシートウォークイン機能を搭載しているので、他社のSUVとしては比べ物にならないぐらい、乗降性が良いです!

他の2列シートのSUVにもこのスライド機構を採用して欲しいのが、hitoiki(ひといき)の本音です。。

CX-8の荷室容量(8人乗り)
  • フラットラゲージモード時:2320mm(容量確認中)
  • 2列シートまで使用時(3列目収納):1350mm(572L)
  • 3列シート使用時:500mm(239L)
  • 3列シート使用時(荷室幅最大):1480mm
  • 荷室ホイールハウス間幅:1000mm
  • デッキスペースの深さ:約 307mm
  • 9インチゴルフバッグ積載(通常時):2個

荷室容量

MPVの荷室容量(7人乗り)
  • フラットラゲージモード時:確認中
  • 2列シートまで使用時(3列目収納):1360mm(容量確認中)
  • 3列シート使用時:475mm(357L)
  • 3列シート使用時(荷室幅最大):1170mm
  • 荷室ホイールハウス間幅:1250mm
  • デッキスペースの深さ:約 349mm(109L)
  • 9インチゴルフバッグ積載(通常時):2個

こちらも、ほとんどMPVとCX-8の数値上の広さとしては同等といったところです。

 

世間の評判やユーザーレビューは?

現時点でのCX-8とハリアーの世間の評判やユーザーレビューは以下のような感じ!

Twitterなども含めて情報を集めてみましたが、いかがでしょうか??
ミニバンのMPVとしてのよさ、SUVのCX-8としての頑張りなどが入り混じるツィートが多かった印象です。

 

まとめ!!

いかがでしたでしょうか?この度MAZDA(マツダ)から新たに発表されたCX-8。

今までのMAZDAのフラグシップミニバンとして君臨していたMPVとスペックを中心に比較してみました!

価格帯が似てくるガソリン車と比較した際、燃費やパワーを考えるとCX-8のクリーンディゼールも非常に魅力的ですし、日常やアウトドアで使うには十分CX-8でも満足できると思います!!

正直、子育て家族が後悔しないSUVで言えば、現時点では「CX-8」一択になりそうです!

随時、レビューや評価・評判などはこのブログで更新&紹介していきますね!!

 

 

関連記事

hitoiki(ひといき)がお届けする、その他の新車情報(NEW CAR)ブログ記事はこちら!
ぜひ、欲しい車を失敗しない方法でお得に購入する際の参考にしてみて下さいね!!
 

 

NAVERまとめでも掲載!

 

Facebookで最新情報&雑学も配信!

最新の新型車両などの新着ニュースや、それ以外の様々な情報&雑学を随時Facebookでも配信しています!
ぜひページに「いいね!」を押して、どんどんモチベーションをあげて生活を楽しんでいきましょう♪

▶hitoiki(ひといき)の公式Facebookページはこちら⇒
https://www.facebook.com/hitoiki.xyz

 
hitoiki(ひといき)の公式facebookページはこちら

 

シルーズ累計100万台突破!

買って正解!Style(スタイル)は腰痛改善&美姿勢に効果的!?

話題の美姿勢ケアと座り心地を追求した、本格的に座るだけで腰を楽にする。

Style PREMIUM(スタイル プレミアム)






 

SNSでシェアしよう!


PR

LINEで、笑える記事や人気の雑学情報、話題のお得情報配信中!

友だち追加数

浅田真央さんのTVCMで話題のキララ(Kirala)の公式サイトはこちら

▶︎浅田真央さんのTVCMで話題のキララ(Kirala)の公式サイトはこちら→

PR