PR

ランクル プラドとCX-8比較!後悔しない3列シートSUV!人気・評価・評判・レビュー・クチコミ!

PR


ランクル プラド(トヨタ)とCX-8(マツダCX8)を比較!後悔しない3列シートSUVはこれ!人気・評価・評判・レビュー・クチコミ!

こんにちは。今回のhitoiki(ひといき)な話題は、世界で爆発的な人気を誇り、アウトドアを中心に大活躍してくれるランドクルーザーシリーズのランクル プラド(LAND CRUISER PRADO)大人がしっかりと3列目まで座れるパーッケージと、高級感と上質感のあるデザイン、低燃費などのコストパフォーマンスNo1を実現し、老若男女に対し、発売以来爆発的な大人気のSUVCX-8(シーエックスエイト・CX8)スペックを中心に徹底的に比較し、hitoiki(ひといき)なりに「実用性の高い3列シートで、家族やファミリー向けに使え、かっこよくオシャレで、女性にもモテるような車、女性ウケが良い車はこれ!」というのを、まとめたのでご紹介します!

趣味性や・指向性が全く違う(異なる)プラドとCX-8を比較するのは、正直どうかなーって気はしますが、せっかく3列シートを備えたSUVですので、hitoiki(ひといき)的にしっかりと、比較してレビューを書きたいと思います。

ちなみに、CX-8ですが、過去にCX-6(cx6)の噂がありましたが、正しくはCX-8(CX8)ですよ〜。今回はCX-5(CX5)でもないです。

トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)landcruiserprado_cx-8_cx8_mazda_toyota 公式 比較

 

ちなみに、LAND CRUISER PRADO ですよ〜!RAND CLUSIER PLADO とかではないですからね〜!

 

 

ランクル プラド(LANCRU PRADO)の外観や内装の写真!

まずは、トヨタの人気SUV(クロカンや四駆と言ったほうが正解かも)ランドクルーザー プラド(通称:ランクル プラド)の外観やエクステリア、内装やインテリアのデザインもご紹介します。

ランクル プラド(LANCRU PRADO)のメーカー公式動画

ランクル プラド(LANCRU PRADO)の外観・エクステリアデザイン

ランドクルーザー プラド(通称:ランクル プラド)の外観やエクステリアのデザインをご紹介します。







※引用:全て、トヨタ公式サイトより引用

hitoiki(ひといき)が撮影した写真はこちら。
迫力のあるフロントマスクですよね〜!マイナーチェンジを繰り返して、より精巧さが高められた感じです。

トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)toyota_landcruiserprado_prado_img_4374

トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)toyota_landcruiserprado_prado_img_4384

トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)toyota_landcruiserprado_prado_img_4378

トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)toyota_landcruiserprado_prado_img_4376

トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)toyota_landcruiserprado_prado_img_4377

ランドクルーザー プラド(PRADO)は、ヴァンガードと同じように、横向きにバックドアを開ける感じです。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)toyota_landcruiserprado_prado_img_4356

バックドアの内側にも、ちょっとした収納スペースがあります。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)toyota_landcruiserprado_prado_img_4355

トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)toyota_landcruiserprado_prado_img_4354

ランクル プラド(LANCRU PRADO)の内装・インテリアデザイン

ランドクルーザー プラド(通称:ランクル プラド)の内装やインテリアのデザインをご紹介します。




※引用:全て、トヨタ公式サイトより引用

ラダーフレームを生かした、男らしく強くカッコイイデザインですよね!ワイルドな感じが、強く伝わります♪

hitoiki(ひといき)が撮影した写真はこちら。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4360

トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4369

トヨタ車に限らずですが、このベージュの皮シート(革シート)って、ジーンズの色移りが激しいイメージがあります。この試乗車も、すごい色移りしていました。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4358

プッシュ収納式のカップホルダーや収納スペースがあります。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4365

トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4364

寒い冬に快適なシートヒーターや、暑い夏に快適なシートベンチレーションスイッチ(送風)が装備されています!
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4363

センターコンソールの中に、クーラーボックス(冷蔵庫?オプション)があります。冷たいドリンク保管に最適ですね♪
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4361

センターコンソールのアームレストもスライド機構を備えています。このスイッチを押しながら、スライドさせることができます。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4366

アームレストを一番後ろにスライドさせた状態。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4368

アームレストを一番前にスライドさせた状態。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4367

ヒンジドアの取り付け部分です。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4368

最近では、ミニバンにも装備されなくなってきた、広角の後席確認ミラーなんかもあります。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4370

パワーウインドウのスイッチ周辺です。
木目とかを入れてもう少し高級感を高めてもよいのかなと思います。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4373

助手席からはこんな感じ。やっぱりラダーフレームらしく、フロアが高いですね!
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4382

2列目(後席)の足元空間の様子。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4380

握りこぶしで4個分ぐらいの足元空間(レッグスペース)の広さです。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4381

ドリンクホルダーもドアポケットに装備。CX-8と違って、縦向きに置けるデザインです。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4379

ランクル プラド(LANCRU PRADO)の3列目の写真

↓ランクル プラド(LANCRU PRADO)とCX-8の3列目の快適性や居住性の比較はこちら↓

 

新発売のマツダCX-8とは?(CX8とは?)

次に、発売以来大ヒットを続けるマツダの新型車両「CX-8とは(CX8とは)何なのか?」というのをご紹介します。

MAZDA CX-8とは?

マツダ CX-8とは(MAZDA cx8とは)、2017年に発売される、マツダの新型クロスオーバーSUV(3列シート採用モデル)。

高い質感のデザインと、アウトドアなどのファミリーユースにもしっかりと使える実用性を兼ね備えた、クルマです。

CX-8のメーカー公式動画

【マツダ公式】CX-8開発者が語る「進化したクリーンディーゼルへ込めた想い」

CX-8の特徴(cx8の特徴)

CX-8は、国内向け新世代商品としては初めての3列シート採用モデルです。
さらに、マツダの新世代技術「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブテクノロジー)」と、デザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を、全面的に採用したマツダの新世代商品群の最新モデルであり、同社の国内市場向けSUVラインアップにおける最上位モデル(SUVのフラグシップ)となります。

つまり、既に発売されている大人気車種 CX-5 の兄貴分的な存在の車種です!

CX-8の魅力(cx8の魅力)

CX-8の魅力は、色々あるのですが、hitoiki(ひといき)的に最もプッシュしたいのが、メインターゲットとなるファミリー向けに、ミニバンの代用としてもそれなりに使えそうな、3列シートを備えたSUVということと、さらに、マツダならではの、高品質なデザイン(おしゃれでカッコイイデザイン)と運転する楽しみ(走る楽しみ)を味わえる魅力的なクルマだということ。

 

マツダCX-8の外観や内装の写真!

マツダ CX-8の外観デザイン(インテリア)や内装(インテリア)がわかる写真を集めました。

CX-8の外観・エクステリアデザイン

※引用:全てマツダ メーカー公式サイトより

オプションのシグネチャーウイングイルミネーション

※引用:全てマツダ メーカー公式サイトより

オプションのインテリアイルミネーション

※引用:全てマツダ メーカー公式サイトより

弟分のCX-5によく似た、高級感あるドイツ車のようなデザイン。
ハリアーと違って、雪のように白いホワイトイルミネーションが特徴ですね!

テールライト(テールランプ)

テールライト(テールランプ)もCX-5よりも立体的な印象♪
左右に広がるシルバーのメッキモールが高級感を演出しています。もちろんLED!
マツダ テールランプ テールライト mazda_cx-8_cx8_img_7463

CX-8の内装・インテリアデザイン

ナッパレザー・ディープレッド(エボニーステッチ)

ナッパレザー・ピュアホワイト(ライトグレーステッチ)

※引用:全てマツダ メーカー公式サイトより

スクエアメッシュクロス・ブラック

※引用:マツダ メーカー公式サイトより


※引用:マツダ メーカー公式サイトより

本杢目の超リアルで高級感満載なインテリアパネル

マツダ 本木目 本杢目 インテリアパネル 木目調 リアルウッド wood mazda_cx-8_cx8_img_7464

ドアパネルにも本杢目のデザイン

リアルウッド cx-8 木目 ドアパネル 

CX-8のメーター

こちらがCX-8のメーターデザイン!

ライトをOFFにした状態。昔のブラックアウトメーターみたいに、真っ黒にはなりません。。

こちらが拡大したもの。

こちらも、CX-5によく似た、高級感あるドイツ車のようなデザイン。
マツダ車としては珍しい、ブラックの天井色などを採用したり、金属調のメッキパーツを多用して、CX-5よりさらに高級感をグッと高めています!

また、CX-8には高級車には必需品のフロントウインドウに照射型のヘッドアップディスプレイも付いているので嬉しいですよね♪

2列目の純正リアモニターの様子はこんな感じ。

CX-8で注意したいポイント

完璧にみえるCX-8ですが、弱点もあります! ここはぜひ改善してほしいという点で、2列目のドアポケットのドリンクホルダー。
これが斜めになっています。
斜めになっていることは悪くないのですが、2列目にキャプテンシートを採用した場合、ドリンクホルダーがこのドアポケットしかなく、コンビニなどのカップのコーヒーなどが置けないのが弱点です!!
ぜひ、メーカーには年次改良で改善してほしいです。

センターコンソール周辺ですが、トヨタのハリアーやランクル プラド(PRADO)とは違って、CX-5同様に少し足元が盛り上がっています。
これも、せっかくなのでフラットにしてほしいですね。。

CX-8のヒップポイント(椅子の地面から座面までの高さ)は?

SUVであれば見晴らしのよい視線の高さは気になる重要なポイント!CX-8のヒップポイントの高さはこちら。

CX-8のヒップポイント
  • 1列目:700mm
  • 2列目:760mm
  • 3列目:786mm

CX-8の装備について

3列目の左右にもドリンクホルダーが付いています。

1列目から3列目までしっかりと室内灯も装備されています。

1列目のパワーシートの調整ボタンです。ポルシェなどと同じようにメッキ処理されています。

CX-8の本杢目のデザイン。リアルな質感が売りのデザインです!

 

ランクル プラド(LANCRU PRADO)とマツダCX-8の比較(スペック・広さの違いなど)

では、早速メーカーが公開している情報等も含めて、hitoiki(ひといき)に、ランクル プラド(LANCRU PRADO)とマツダCX-8の3列シートSUVを比較し、買う方が気になるスペックのポイントを中心に簡単に比較してみました。

グレードなどによって、仕様も違うのですが、グレードは、hitoiki(ひといき)チョイスですので、すいません(笑)

車名
ランクル プラド
(TZ-G・7人乗り・フルタイム4WD)
CX-8
(XDプロアクティブ・6人乗り・AWD)
全長(mm) 4,825(-75) 4,900
全幅(mm) 1,885(+45) 1,840
全高(mm) 1,835(+105) 1,730
ホイールベース(mm) 2,790(-140) 2,930
室内長(mm) 2,520(-170) 2,690
室内幅(mm) 1,565(+25) 1,540
室内高(mm) 1,240(-10) 1,250
最低地上高(mm) 220(+20) 200
最小半径(m) 5.8m 5.8m
車両重量(kg) 2,320 1,810
(19インチ)
エンジン
排気量(L)
2,754
(ディーゼル)
2,188
(クリーンディーゼル)
最高出力(kW〈PS〉/rpm) 130
〈177〉
/3,400
140
〈190〉
/4,500
最大トルク(N・m〈kgf・m〉/rpm) 450
〈45.9〉
/1,600〜2,400
450
〈45.9〉
/2,000
使用燃料・タンク容量 軽油・87L 軽油・72L
トランスミッション 6速AT 6速AT
燃費(km/L) 11.2(-6.4) 17.6
スライドドア 無し 無し
本体価格 536.3万円(+159.4) 376.9万円

ランクル プラド(LANCRU PRADO)とCX-8(マツダ)を比較するとこんな感じです。

ボディサイズ的には、横幅と全高が大きいのが、ランクル プラド(LANCRU PRADO)。
全長が長いのがCX-8と言ったところ。まぁ、どちらもほぼ誤差の範囲ですが(笑)

それ以上に気になったのが、同じディーゼルでもCX-8のほうが、小さなエンジンを搭載しているのに、ランクル プラド(LANCRU PRADO)とトルクが同じ。最高出力はCX-8のほうが大きいのは意外でした!!!

さらに、重量はCX-8のほうがランクル プラド(LANCRU PRADO)よりも軽いので、舗装路での走行性能に関してはCX-8のほうが良さそうですね!

ちなみにランクル プラド(LANCRU PRADO)の4WDの性能は特にご説明するまでもないと思いますので、CX-8のAWD(全輪駆動)の凄さについてもご紹介します!

4WDってよく常に4輪が駆動している「フルタイム」と、滑ってから4WDが作動する「パートタイム」に分けられるのですが、マツダ CX-8のAWDは、4輪の駆動比率を、常に最適化しながら駆動するシステムです。実は、FF走行時も、スリップしてもすぐに駆動を発揮できるように、後輪にも僅かながら駆動をかけているようです。

なので、燃費と安定感のバランスが抜群に良いのです!!

MAZDA i-ACTIV AWDムービー 「Highlight」

MAZDA i-ACTIV AWDムービー 「Driving Performance」

マツダ CX-8 の走りはホンモノか…雪上でテストドライブ!【VR試乗】


YouTubeのVR試乗って斬新ですね!アプリでみると画面がグリグリします(笑)

マツダCX-8雪上試乗(北海道の一般道の道中の映像・自動車ジャーナリスト・河口まなぶさん)

マツダCX8 雪道ファーストインプレ! MAZDA CX8 by AKIHIKO NAKAYA(北海道の雪道の映像)

また、番外編として、MAZDAの「凄い!!」と評判のGVC(G-ベクタリング コントロール)についてよく分かる比較動画も掲載しますね。

番外編!マツダGVCの効果を雪道で試すと?

その他の下記の使い勝手の比較なども、随時まとめていきます!

CX-8のシートアレンジ







※引用:全て、マツダ公式サイトより引用

※引用:webcgより引用

CX-8の3列目は、前方に背もたれを倒す程度の格納方式です。CX-8もSUVとしてはかなり頑張っているシートアレンジですが、やはりこのあたりはミニバン(ノア、ヴォクシー、エスクァイア、アルファード、ヴェルファイア、エスティマなど)の方が、機能性も使い勝手もかなり良さそうです。

ただ、CX-8の魅力として、SUVでは珍しい2列目の前後120mmのスライド機構(10mmピッチで調整可能)と、セカンドシートウォークイン機能を搭載しているので、他社のSUVとしては比べ物にならないぐらい、乗降性が良いです!

他の2列シートのSUVにもこのスライド機構を採用して欲しいのが、hitoiki(ひといき)の本音です。。

荷室容量

ランクル プラド(LANCRU PRADO)の荷室容量(7人乗り)
  • フラットラゲージモード時:974L
  • 2列シート使用時(リアシート使用時):553L
  • 3列シート使用時:104L
CX-8の荷室容量(8人乗り)
  • フラットラゲージモード時:確認中
  • 2列シートまで使用時(3列目収納):572L
  • 3列シート使用時:239L
  • デッキスペースの深さ:約 307mm

3列目使用時では、ベビーカーを積載できるCX-8の方が荷室が広いですが、倒すとほとんど同じぐらいの容量ですね!
※若干、CX-8の方が広く長いものも積めるかもかも。

ランクル プラドの荷室の様子

3列目使用時だとこれぐらい。確かにベビーカーは積めないですね。。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー) インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4350

ヘッドレストを倒す紐があります。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー) インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4351

柱部分に、電動の3列目シート格納ボタンがあります。
個人的には、コストかけて電動にしなくて、手動でもいいから、CX-8のように「ワンタッチでヘッドレストと3列目シートを格納」できるほうが、使い勝手が良くて好きCです。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー) インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4352

3列目を片側だけ倒してみました。3列目は、本当に緊急用ですね。普段は倒して使ったほうがよいです。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)toyota_landcruiserprado_prado_img_4353

ランクル プラド(LANCRU PRADO)とCX-8の3列目って、どちらが広くて快適なの?

こちらに関して、正直いうとCX-8の方が、間違いなく広くて快適であると言えます。
肌感として感じたのが、175cmの大人が3列目に座った時に、耐えれそうな時間が、ランクル プラド(LANCRU PRADO)が20分〜30分、CX-8が90分〜120分(2時間)ぐらいといったところ。

ランクル プラド(LANCRU PRADO)は、どうしても足元空間が狭いのと、体育座りになってしまうのが、とても厳しく感じました。お世辞抜きでCX-8の方が、この辺りはよく造り込まれているなといったところです。

TOYOTAの方は、SUVだからと「割り切り感」が強く感じました。

ランクル プラド(LANCRU PRADO)の写真がこちら。

ランクル プラド(LANCRU PRADO)の3列目の写真

2列目を倒して3列に乗り込みます。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー) インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4346

トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー) インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4347

3列目の足元空間がこんな感じです。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー) インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_4349

2列目を目一杯前にスライドさせた状態です。それでも、やはり狭い。。。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_7633

どれぐらい足元空間が広がったか、分かりやすい写真がこちら。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_7632

3列目の床からシートの座る位置までの高さが、約20cm。これだと確かに体育座りになりますね。。
トヨタのランクル プラド(ランドクルーザー)インテリア toyota_landcruiserprado_prado_img_7634

こんな感じで、とてもじゃないけどプラドの3列目の居住性や足元空間の広さは、椅子に座っている感覚ではなく、床で体操座り(体育座り)している感覚です。CX-8の方が、ハイトクラスのミニバンほどではないにしろ、3列目の居住性は圧倒的に高いと感じます。
トヨタ ランクル プラド ランドクルーザー 3列目の居住性と足元空間の広さ toyota_landcruiserprado_prado_img_7879

CX-8の後席や3列目の広さは?風景写真など

ちなみにマツダCX-8の3列目の写真がこちら。

2列目は、足が組めるほどの余裕があります!

3列目の足元もスペースもこれぐらい。だいたい30cm〜35cmぐらい足の置き場があります。

2列目シートは120mmのロングスライドを可能にし、レッグルーム(足首の角度が130度以下)は1000mm!
これは、アテンザセダンの984mm、MPVの991mm、CX-5の997mm、を超える数値です!
さらに、3列目シートのレッグルームについては760mm!
これは、MPVの732mm、プレマシーの745mmを超える数値です!

ランクル プラド(LANCRU PRADO)の3列目について、詳しい記事の情報はこちら→

 

世間の評判やユーザーレビューは?

ランドクルーザー プラドとCX-8の、世間の評価や評判、レビュー、クチコミ(口コミ)などを集めてみました!

現時点でのランクル プラド(LANCRU PRADO)とCX-8の世間の評判やユーザーレビューは以下のような感じ!

Twitterなども含めて情報を集めてみましたが、いかがでしょうか??
全く違う車の系統なのに、ランクル プラド(LANCRU PRADO)とCX-8で悩まれている方が意外を多いのに驚きしました!口コミや評価、評判、レビューはこれからといった感じですね!

 

まとめ!!

いかがでしたでしょうか?トヨタのランドクルーザー プラド(通称:ランクル プラド、LAND CRUISER PRADO)とMAZDA(マツダ)のCX-8。

デザインコンセプトや価格帯は全く違いますが、同じように3列目シートを備えたSUVとして高級感のデザインで高評価を得ているランクル プラドとCX-8とスペックを中心に比較してみました!

普段使いではCX-8のほうが、確かにコスト面や座席の快適性で優位に感じる部分も多いかもしれませんが、ランクル プラドの視点の高さや、男らしい力強いワイルドな格好良さなど、どうしても魅力的に感じてしまうのも事実です。

正直、どちらを選んでも後悔はしないと思います!

随時、レビューや評価・評判などはこのブログで更新&紹介していきますね!!

 

 

Facebookで最新情報&雑学も配信!

最新の新型車両などの新着ニュースや、それ以外の様々な情報&雑学を随時Facebookでも配信しています!
ぜひページに「いいね!」を押して、どんどんモチベーションをあげて生活を楽しんでいきましょう♪

▶hitoiki(ひといき)の公式Facebookページはこちら⇒
https://www.facebook.com/hitoiki.xyz

 
hitoiki(ひといき)の公式facebookページはこちら

 

SNSでシェアしよう!

お年玉企画告知バナー(0101~0103)

無料で動画見放題!フジテレビオンデマンド!詳しくはこちら→


おすすめ記事とスポンサーリンク

LINEで、笑える記事や人気の雑学情報、話題のお得情報配信中!

友だち追加数
 

hitoiki(ひといき)の写真がビットコインで応援することが可能に!

Zaifの無料登録はこちら

イケダハヤトさんが初心者にオススメの Zaif の無料登録はこちら→

GMOコイン

イケダハヤトさんがオススメの GMOコイン とは?

初心者でも分かる!稼げる!仮想通貨の入門書を読本!

浅田真央さんのTVCMで話題のキララ(Kirala)の公式サイトはこちら

Kirala

▶︎浅田真央さんのTVCMで話題のキララ(Kirala)の公式サイトはこちら→

PR