正式公開!新型CX-8の年次改良発表!CX8の改善点や変更点・マツコネをグレード別にまとめた! | hitoiki

正式公開!新型CX-8の年次改良発表!CX8の改善点や変更点・マツコネをグレード別にまとめた!

2018年9月4日
自動車・カーグッズ

正式公開!2018年9月10月新型CX-8の年次改良発表!CX8の改善点や変更点・マツコネをグレード別にまとめた!

こんにちは。今回のhitoiki(ひといき)な話題は、2018年9月10月に発表予定のMAZDA新型クロスオーバーSUV マツダ CX-8のオ年次改良点(一部改良、マイナーチェンジ)をグレード別にまとめました!

ぜひ、2018年型の新型CX-8の購入を検討している方は必見です!!

スポンサーリンク

CX-8 年次改良モデル正式発表!
新しい公式動画公開!

【ガソリンターボエンジン新搭載】CX-8 発表前シークレット試乗会 / マツダ公式

年次改良モデルの発売日

10月25日より予約受注を開始、11月29日より発売

CX-8にスポーツモードも追加?

cx-8_cx8_sportsmode_1346475
「速報!CX-8に見慣れないスイッチが追加!年次改良後モデルはスポーツモード搭載で切り替えが可能?」
詳しくはこちら→

CX-8の年次改良での変更点をグレード別にまとめた! cx-8_cx8_2018_grade_img_7840

Amazonで人気&売れ筋のCX-8のオプションパーツをみる→

楽天市場で人気&売れ筋のCX-8のオプションパーツをみる→

ちなみに今回の記事は、以前書いた記事と重なる部分もありますので、あわせてご覧いただければと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

2018年型の新型CX-8の年次改良の内容!
ガソリンNA(FF)とガソリンターボ(AWD)が追加!グレード体形が変更に!

まず、マツダ 新型CX-8(MAZDA cx8)の2018年型の年次改良の内容として、2.5LのNAガソリンエンジン(FF)とガソリンターボエンジン(AWD)が追加されグレード体形が変更に!ということ。

これは、2017年発表モデルの方では、CX-8は2200ccのクリーンディーゼル車のみの設定でした。
これに、ガソリン車を設定することで「チョイ乗りが多いからディーゼルは嫌だ」という方や「ディーゼルのオイルメンテナンスや初期費用が高いから嫌だ」と言って、CX-8購入をされなかった新たなユーザーを呼び込む可能性を秘めていています。

そして、これにより現在のグレード体形から新グレード体形にかわります。

現在のグレード体形(2017年型)

  • XD(FF・AWD)
  • XD プロアクティブ(FF・AWD)
  • XD Lパッケージ(FF・AWD)

から

新しいグレード体形(2018年型)

ガソリン車(2500cc ノンターボ・NA)
  • 25S(FF)
  • 25S プロアクティブ(FF)
  • 25S Lパッケージ(FF)
ガソリン車(2500cc ターボ)
  • 25T(AWD)
  • 25T プロアクティブ(AWD)
  • 25T Lパッケージ(AWD)
クリーンディーゼル車(2200cc ターボ)
  • XD(FF・AWD)
  • XD プロアクティブ(FF・AWD)
  • XD Lパッケージ(FF・AWD)

になります。

さらに嬉しいのが、2.5Lガソリンターボエンジンはハイオク仕様ではなく、レギュラーガソリン仕様だということ。

燃料代が高騰しているなかで、ハイオクはさすがに厳しいですものね。。
ただ、クリーンディーゼルは免税なので、車両購入時の取得税や重量税、エコカー補助金(CEV補助金)など考えると、クリーンディーゼルの方が魅力的でもあったりします。

新しいグレード体形(2018年型)

ガソリン車(2500cc ノンターボ・NA)
  • 25S(FF)
  • 25S プロアクティブ(FF)
  • 25S Lパッケージ(FF)
ガソリン車(2500cc ターボ)
  • 25T(AWD)
  • 25T プロアクティブ(AWD)
  • 25T Lパッケージ(AWD)
クリーンディーゼル車(2200cc ターボ)
  • XD(FF・AWD)
  • XD プロアクティブ(FF・AWD)
  • XD Lパッケージ(FF・AWD)

 

スポンサーリンク

2018年型の新型CX-8の年次改良の内容!
XD プロアクティブ(PROACTIVE)の変更点!

次は、2018年型の新型CX-8の年次改良の内容として、XD プロアクティブ(PROACTIVE)の変更点です。

まだ、最終的な正式発表とは異なりますので、現時点での内容と認識していてください。
変更点や追記点があれば、加筆いたします!

XD プロアクティブの変更点

  • Apple CarPlayとAndroid AUTOの採用
  • i-ACTIVSENSE 夜間歩行者検知機能の強化
  • G-ベクタリングコントロール制御にもアップデート(GVC プラスに!)
  • 乗り心地向上のため、サスペンションの調整
  • 3列目の静粛性UPのために制振材が追加
  • アームレスト15mm高さを低く設定
  • コマンダーコントロールのノブの形状が新型アテンザと同じものに
  • ホイール塗装が高輝度塗装に変更
  • 車両本体価格が上昇
  • ステアリングヒーターのスイッチの位置が変更。助手席側に。
  • 2列目、3列目のシートベルトの警告灯(警告音)に追加
  • IRカットガラスがフロントガラスとフロントドアに追加
  • LEDライセンスランプが標準装備
  • アダプティブ・LED・ヘッドライト (ALH)の作動範囲が拡大し安全性向上!

ということ。

こういう細かな改善を行うのはマツダっぽいですね!他のメーカーもぜひ真似してほしい(笑)
特に2017年モデルオーナーで羨ましいのが、アダプティブ・LED・ヘッドライト (ALH)の作動範囲が拡大し安全性向上!というもの。
これは、自動でハイビームに切り替わる作動範囲が車速約40 km/h以上→車速約30 km/h以上に変更されたのと、ロービームに戻る車速も車速が約30 km/h未満→約20 km/h未満に変更されました。

これにより、車速を下げて走行する住宅街でもハイビームになるケースが増え、安全性と視認性が向上しました!

羨ましい。。。

 

スポンサーリンク

2018年型の新型CX-8の年次改良の内容!
XD Lパッケージ(L Package)の変更点!

次に、2018年型の新型CX-8の年次改良の内容として、XD プロアクティブ(PROACTIVE)の変更点です。

まだ、前述したプロアクティブの内容と合わせて記載します。最終的な正式発表とは異なりますので、現時点での内容と認識していてください。
変更点や追記点があれば、加筆いたします!

XD Lパッケージのみ(L Packageのみ)の変更点

  • シートベンチレーション(送風機能)が追加
  • エアコンパネルが2018年後期の年次改良型の新型CX-5と同じものに
  • ルームミラーのフレームレス化
  • 7インチTFT液晶メーター導入
  • フットイルミネーションが標準装備化
  • ホイール塗装が高輝度ダーク塗装に変更
  • BOSEサウンドシステムが標準装備化
  • グローブボックス内にLEDイルミネーション

プロアクティブと同じ変更点

  • Apple CarPlayとAndroid AUTOの採用
  • i-ACTIVSENSE 夜間歩行者検知機能の強化
  • G-ベクタリングコントロール制御にもアップデート(GVC プラスに!)
  • 乗り心地向上のため、サスペンションの調整
  • 3列目の静粛性UPのために制振材が追加
  • アームレスト15mm高さを低く設定
  • コマンダーコントロールのノブの形状が新型アテンザと同じものに
  • 車両本体価格が上昇
  • ステアリングヒーターのスイッチの位置が変更。助手席側に。
  • 2列目、3列目のシートベルトの警告灯(警告音)に追加
  • IRカットガラスがフロントガラスとフロントドアに追加
  • LEDライセンスランプが標準装備
  • アダプティブ・LED・ヘッドライト (ALH)の作動範囲が拡大し安全性向上!

ということ。

シートベンチレーションとは、乗員とシートの間の熱のこもりを吸い出し、夏の暑い季節でも快適な運転環境を提供する機能です!

これで、暑い夏にも背中が蒸れることが無くなる!!!(笑)

アテンザのベンチレーション機能は、背もたれと座面の広範囲に吸い出し口を設けることで、局所的な冷えの防止を実現し、吸い出し風量は3段階で調節できます。

シートベンチレーションのイメージ図

引用:マツダ公式サイトより

注意したいポイントが、シートを通して熱を吸うベンチレーション機能であって、シートをから、冷たい風が出る冷風や送風タイプのベンチレーション機能ではないということ。

それでも、2018年の夏のように猛暑が続くと、ベンチレーションが欲しくなりますよね〜。

ベンチレーション搭載に合わせてエアコンも新型のエアコンに変わります!2018年に2回目の年次改良を行なったCX-5と同じデザインに。
公式発表!CX-5が2018年2度目の改良!CarplayやAndroidAuto対応・2.5Tのガソリンターボ搭載! cx-5_cx5_improvement_2018_06

引用:マツダ公式サイトより

さらに、新型アテンザと同じように、コマンダーコントロールのデザインもさらに高級感のある質感に変更されました!CX-8も同様に。
正式に公式発表!CX-5が2018年2度目の改良!CarplayやAndroidAuto対応・2.5Tのガソリンターボ搭載! cx-5_cx5_improvement_2018_08

引用:マツダ公式サイトより

 

スポンサーリンク

2018年型の新型CX-8の年次改良の内容!
特別仕様車が登場!

次に、2018年型の新型CX-8の年次改良の内容として、特別仕様車が登場です。

CX-5の情報は各サイトで既にアップされていますね!

CX-5のマイナーチェンジ(年次改良)の情報はこちらに詳しく掲載しています。

 

スポンサーリンク

悲報!2018年型の新型CX-8の年次改良版のここが旧型のまま

もちろん年次改良で良いことばかりではありません。
「えっ!?ここは変わらないの??」といった部分もありますので、まとめてみました。

こちらも、最終的な正式発表とは異なりますので、現時点での内容と認識していてください。
変更点や追記点があれば、加筆いたします!

CX-8の年次改良版のここが旧型のまま

  • マツダコネクトの画面サイズが7インチのまま(マツコネ 8インチ化ならず)
  • 6人乗りキャプテンシートのウォークルスルー部分にセンタードリンクホルダー(カップホルダー)がない
  • 360°ビューの切り替えボタンをステアリングにない

ということ。

特に新型アテンザでマツコネの画面サイズが8インチに拡大されたので、「CX-8も年次改良で8インチになる」と期待された方も多かったと思いますが、こちらは7インチのままです。

NEWマツコネ(2世代目)が、2019年からスタートするので、画面の大型化は2019年型か、2020年型のCX-8に期待しましょう。

既存のCX-8やCX-5のモデルで大画面にする方法として、アルパインの11インチのカーナビ&モニターを装着する方法もありますので、大画面が良い方はそちらも選んでみてはいかがでしょうか??

hitoiki(ひといき)の過去の記事でも、このXF11Z-CX8とXF11Z-CX5については、記事にまとめていますので、そちらもあわせてご覧くださいね!

 

スポンサーリンク

悲報!2018年後期型の新型CX-8の年次改良版のここが改悪

次に、悲報と言える2018年後期型の新型CX-8の年次改良版のここが改悪という部分をご紹介します。

まぁ、改悪とまで悪くはないのですが、もう少し他の方法もなかったのかなという部分です。
それは、ステアリングヒーターのスイッチの位置が、変更されたということ。

2017年発売当初(初期型)のCX-8のステアリングヒーターのスイッチ位置

ステアリングヒーター スイッチ マツダ 内装・インテリア mazda_cx-8_cx8_img_7836

2018年後期型のCX-8のステアリングヒーターのスイッチ位置

2018年 後期型 新型CX-8 のステアリングヒーターのスイッチ位置 181025_cx8_interior2_img

引用:マツダ公式サイトより

もともと運転席右側奥にスイッチがあったのですが、CX-5同様に、エアコンパネル上部に移動されました!

ただ、なぜか助手席側の方に設置されています。。
左ハンドル車に揃えている気もしますが、せめてここは「右ハンドルなら運転席側(エアコン操作パネルの右上)」、「左ハンドル車ならエアコン操作パネルの左上」にして、よりドライバーに近い部分に設置して欲しかったですね。。

 

スポンサーリンク

CX-8の年次改良(一部改良)の時期はいつ?

気になるCX-8の年次改良(一部改良)やマイナーチェンジ発売の時期は年次改良(一部改良)は2018年11月末頃になる予定です。

10/25追記!
年次改良モデルの発売日

10月25日より予約受注を開始、11月29日より発売

既にお盆明けからマイナーチェンジ後の車の受注も開始されているそうです。
※マツダではマイナーチェンジという表現は使わないですね。

 

スポンサーリンク

CX-8のまとめ

いかがでしょうか?MAZDA(MATSUDAじゃないですよ)の新世代クロスオーバーSUVの「CX-8(CX8)」。

正式発表されると、より具体的な情報もでてくると思いますので、改めて追記したいと思います!

お楽しみに♪

ちなみに今回の記事は、以前書いた記事と重なる部分もありますので、あわせてご覧いただければと思います。

新型CX-8関連の最新情報はこちら





▶CX-8のパーツやグッズをAmazon(アマゾン)でチェックする⇒


 

人気の関連記事

hitoiki(ひといき)がお届けする、その他の新車情報(NEW CAR)ブログ記事はこちら! ぜひ、欲しい車を失敗しない方法でお得に購入する際の参考にしてみて下さいね!!

3年分!冬用のスタッドレスタイヤ交換や、夏タイヤに戻す際に最適!
シンプルでおしゃれな再剥離タイプのタイヤローテーションシール(ステッカー)登場!

女性や不慣れな男性でも安心!今回のタイヤの位置から次回のタイヤ装着の場所が一目でわかるステッカーです。
オススメポイント
  • シンプルでおしゃれなデザイン
  • FFや4WDなど駆動方式ごとに最適な、タイヤローテーション順を分かりやすく明記
  • 6回の交換分(3年分)で長く使え、1本あたりたったの約270円!
  • 似たサイズをお持ちでも迷わない!車名、車種名も記載できる!
  • 後で使うことを考え、再剥離タイプのシールで糊残りしにくい!
  • 豊富なオプションで車名入力代行、タイヤ位置ごとに色変え、書体デザイン変更OK!

CX-8に関連する人気の記事はこちら

CX-8関連記事の総合一覧TOP
CX-8の受賞歴の情報
CX-8の年次改良・マイナーチェンジ・フルモデルチェンジ情報
CX-8の公式動画集や試乗レビューの動画集
CX-8の冬支度や雪道関係の記事
CX-8のオーナーだから分かる裏知識
CX-8とライバル車の比較記事
CX-8のカスタマイズ記事

XDやXDプロアクティブのユーザーに!木目の高級感をプラス!
リアル木目調シール・リアルウッド柄

無色透明シールで、車の素材を活かした純正感を感じるリアルな、本格的木目調シール! MAZDA(マツダ)のCX-8(3DA-KG2P型)やCX-5(KF型)の、XDやXDプロアクティブの加飾にぴったり! A3サイズのシールが3枚付属し、あえて切り込みを加えていないため、他の車種や任意の箇所に貼ることが可能です。 無色透明シールのため、シールを貼ってから、カッターナイフで綺麗に切ることが可能です。

【設置箇所例】

  • ドアのインテリアパネル部分
  • スイッチパネル部分
  • シフトノブのセンターコンソール部分
など。

 

スポンサーリンク

Facebookで最新情報&雑学も配信!

CX-8(CX8)の新着ニュースや、それ以外の様々な情報&雑学を随時Facebookでも配信しています!
ぜひページに「いいね!」を押して、どんどんモチベーションをあげて生活を楽しんでいきましょう♪

▶hitoiki(ひといき)の公式Facebookページはこちら⇒
https://www.facebook.com/hitoiki.xyz

 
hitoiki(ひといき)の公式facebookページはこちら

 

スポンサーリンク

SNSでシェアしよう!


絶対に損をしない裏技はこれ!
新車や中古車を1円でも安くお得に購入する方法!

中古車販売ショップや自動車買取店・買取専門店の営業マンもやっている裏ワザですが、1円でも下取り価格を高価にして、新車や中古車の値下げ価格を1円でも安くする秘訣して、無料の一括査定に1回だけエントリーして、同時に下取り金額を提示してもらうだけで、ディーラーの下取り金額より50万円以上も得をするケースがあります!

200万円以上損をするかも!自動車の一括査定方法や高価買取・下取りの方法をまとめた!

愛車を高く売るには一括査定が必須

afi-b 芸能人 ローラ Ucar査定

最大5000社の価格を比較!【ユーカーパック】の詳細はこちら→

afi-b 車買取

《車買取》30秒で無料一括査定。愛車を一番高く売るならこちら→

自動車保険の見直しで5万円以上安くなる?

afi-b インズウェブ自動車保険一括見積もり

キャッシュバックあり?SBI損保グループだから安心!無料の一括見積もり!
詳しくはこちら→


お年玉企画告知バナー(0101~0103)

無料で動画見放題!フジテレビオンデマンド!詳しくはこちら→