スポンサーリンク

初代CX-8のCarPlayの活用方法やテクニックや改善点をまとめた!

スポンサーリンク


初代CX-8のCarPlayの活用方法やテクニックや改善点をまとめた!

こんにちは。今回のhitoiki(ひといき)な話題は、マツダから2019年の8月にリリースされたレトロフィットキット(通称レトロキット)ですが、取り付け後、約4ヶ月が経過したので、改めてCarPlayのレトロキット体感レビューとともに、活用方法と活用テクニック、改善点をまとめたのでご紹介します。

また、実際に使ってみてプログラムアップデートで改善してほしい点も記載してますので、オーナーの声としてマツダも聞いて欲しいですね。

果たして取り付けて失敗だったのか、それとも満足しているのか!?
装着に迷われている方の後押しになればと思います。

ちなみに、2018年の年次改良後のモデル以降であれば、標準でCarPlayに対応しおていますのでご安心くださいね。

初代CX-8をCarPlay対応にアップデート!レトロフィットキット取付後の使い方や使用感のレビューをまとめた! mazdacx-8_cx8_carplay_review_06

以前のCarPlayやレトロキット関連の詳細な記事はこちら。
https://hitoiki.xyz/blog/2019/09/mazda_cx-8_cx8_carplay_review/

以前のCX-8関連の詳細な記事はこちら。
https://hitoiki.xyz/blog/?s=cx-8

売り切れ注意!人気のマツコネ関連のカスタマイズ商品はこちら!

 

 

スポンサーリンク

レトロフィットキット装着前後で、マツコネの機能の違いとは?比較表にまとめた

まずは、マツダ CX-8に、レトロフィットキット装着前後で、マツコネの機能の違いとは何か?比較表にまとめたのでご紹介します。

できることや進化した部分が、ざっくりとわかりやすいと思います。

レトロフィットキット装着前後の比較

レトロキット
装着後 装着前
(購入時)
純正ナビ
CarPlay用ナビアプリ ×
USBオーディオ
CarPlay用音楽アプリ ×
Siri ×
メッセージ読み上げ ×
電話をかける ×
充電速度 早い
(2.1A)
遅い
(1A)

という感じです。

主に、CarPlay対応のアプリが使用できるのと2.1Aの急速充電に対応し充電速度の向上(=充電時間の短縮)に効果があります。

ここまでは、ご存知の方も多いと思いますので、次からはCarPlay対応のマツコネでこんなこともできるの?というのを、初代CX-8(2017年モデル)のオーナーさんや中古車を購入されようとしている方に、ご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

CarPlayの活用方法!ナビ画面はGoogleMap。ルート案内はアクティブ・ドライビング・ディスプレイ(ヘッドアップディスプレイ)に表示させる

次に、CarPlayの活用方法として、ナビ画面はGoogleMap。ルート案内はアクティブ・ドライビング・ディスプレイ(ヘッドアップディスプレイ)に表示させる方法をご紹介します。

既にCarPlayを使用されているオーナーさんならご存知の方も多いと思いますが、CarPlay対応のマツコネでは、モニター画面にCarPlay対応のナビアプリ(Appleの純正マップやGoogleMapsなど)を表示しつつ、バックグラウンドで、マツダ純正ナビのルート案内をさせることができます。

これにより、ナビのモニター画面ではGoogleMapsなどの地図を表示させつつ、フロントガラスに照射される、アクティブ・ドライビング・ディスプレイ(ヘッドアップディスプレイ)のルート案内では、マツダ純正のナビのルート案内ができるのでとても便利です!

まさに、ハイブリッドな活用方法ですね。

私の使い方は下記のようにやっています。

  1. GoogleMapsからNaviConを活用して、目的地をナビに転送
  2. マツコネ純正ナビで目的地を確定
  3. ホームボタン長押しで、CarPlayに切り替え
  4. GoogleMapsを表示

という流れです。
文字に起こすとややこしいですが、慣れると簡単ですので、オススメです。

といっても、hitoiki(ひといき)もまだ、純正ナビの無料地図更新が残っているので、無理にGoogleMapsを利用する必要もないのですけどね(笑)

また、同じ考え方で、AmazonミュージックをCarPlayで操作しつつ、画面切り替えでマツダ純正ナビ画面を表示USBオーディオやラジオ視聴をしつつ、GoogleMapsなどでルート案内なんていう使い方もできます。

なので、お伝えしたいのがCarPlay対応アプリを使用中もマツダ純正ナビやオーディオは、ともに利用可能ということです。なので、どっちかしか使えなくなる訳ではないので、状況時応じて使える選択肢が増えたと考えていただければよいかと思います!

 

スポンサーリンク

CarPlayの活用方法!「駐車した場所の自動保存」が便利

次に、CarPlayの活用方法は、「駐車した場所の自動保存」が便利ということ。

これはどういうことかというと、車載のCarPlayとiPhoneとの接続が切れた時点で、マップが車の所在地に自動でピンを打ってくれるので、広い駐車場などで、どこに車を駐めたかがお手持ちのiPhoneのApple純正マップすぐにわかるというもの。

詳細は、Appleの公式サイトにも掲載されています!

ちなみに、頻繁に駐車する場所(自宅や勤務先など)では、ピン打ちされないので、賢いですよ!地味に便利です。

 

スポンサーリンク

改善して欲しい点!「オーディオ」「ナビ」それぞれのソース切り替えをワンタッチで!

もちろんよいことばかりではありません、次は、改善して欲しい点!「オーディオ」「ナビ」それぞれのソース切り替えをワンタッチで!ということ。

これはマツコネがCarPlayに対応したが故に、よりややこしい画面遷移が現れてしまいました。

それは、iPhoneなどを接続すると、自動でCarPlayが開始される(もちろんOFFの設定もできますが)ので、「音楽やラジオ、TVの音声はそのままで、ナビアプリだけ使いたい」と思っても、音楽も自動でCarPlay対応のものに変わってしまいます。

そして、音の音楽に戻そうとするときに、いちいち、マツコネのホーム画面に戻ってオーディオソースを切り替えるのが、非常に手間なので、オーディオソースの切り替えやナビソースの切り替えがワンタッチでできると嬉しいということです。

具体的には、「ホームボタン」の長押しで「マツコネ」と「CarPlay」が切り替えできるのと同じように、「音符ボタン」の長押しでオーディオソース、「ナビボタン」の長押しでナビソースが切り替えられると嬉しいです。

こちらは、プログラムのアップデートでいけると思うので、次回のマツコネのバージョンアップで改善を期待したいですね!

 

スポンサーリンク

他のオーナーのMAZDAのCarPlayの使い心地や世間の評価・評判・レビュー・クチコミ(口コミ)は?

他のオーナーのMAZDAのCarPlayの使い心地や世間の評価・評判・レビュー・クチコミ(口コミ)をまとめました!
以下の通りです。

ネガティブな意見

ポジティブな意見

などなど。
マツダだけではないですが、まだまだCarPlayもこれからという感じですね!
ちなみに、4ヶ月使ってみて、私は一度も接続エラーなどは発生していないですね。なので、個体差があるのかもしれません。

 

スポンサーリンク

総評とまとめ

いかがでしたでしょうか? レトロフィットキットで、初代CX-8など、旧世代のマツダ車のマツコネにもCarPlay対応できるようになりましたが、hitoiki(ひといき)的には、「CarPlay対応化は、少し高かったけど、変えてよかった!装着したのは失敗ではなかった」と改めて実感しています。

まぁ、 CarPlayの恩恵以上の、充電速度が向上したのが嬉しいですね。レトロキット装着前でも充電だけはシガーソケットで対応できましたが、やはりマツコネに繋いで充電が早いのは嬉しいです。

ぜひ、レトロフィットキットの購入を検討されている方(これから2年は車を変えない方)は、ぜひレトロフィットキットを装着して、CarPlayのある生活を楽しんでみてくださいね。

スポンサーリンク

以前の年次改良前後の比較記事

以前のMAZDA CX-8年次改良前後の比較記事はこちらです。

詳しくみる →

 

スポンサーリンク

Facebookで最新情報&雑学も配信!

CX8やCX5の新着ニュースや、それ以外の様々な情報&雑学を随時Facebookでも配信しています!
ぜひページに「いいね!」を押して、どんどんモチベーションをあげて生活を楽しんでいきましょう♪

▶hitoiki(ひといき)の公式Facebookページはこちら⇒
https://www.facebook.com/hitoiki.xyz

 
hitoiki(ひといき)の公式facebookページはこちら

 

スポンサーリンク

SNSでシェアしよう!


おすすめ記事とスポンサーリンク

楽天市場からのおすすめ商品

掲載するページにマッチした楽天市場の商品をご紹介します。【楽天市場へ遷移します】

LINEで、笑える記事や人気の雑学情報、話題のお得情報配信中!

友だち追加
 

スポンサーリンク